芸能

「お金は出せないよ」「じゃ、無理かな」光浦靖子の「彼氏と旅行」をめぐる悲しい告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子が今年2月の深夜ラジオ番組で、こんな打ち明け話をしていた。

「別に隠しているとかじゃないけど、最近ローン組みましたからね。マンションね。だからそのぶん、このラジオもいつもの1.12倍しゃべっています」

 その後、彼女が購入したマンションが、都内の一等地に建つ1億5000万円の高級物件だと判明。いよいよ結婚を諦め、生涯独身を貫く決意をしたのでは、と報じられた。スポーツ紙デスクが言う。

「大久保は私生活でお金の使い道がない、と語るほど、芸能界でも超がつく倹約家。そんな彼女が新居を購入したわけですから、そう受け取られても仕方がないかもしれません。本人は『50代になってからモテ期に突入した』と、まだまだ結婚を諦めていない様子ですね。電撃婚がないとも限らず、ウチでも一応、マークしています」

 一方、相方の光浦靖子は現在、カナダ・バンクーバーに留学中だが、現地では語学学校や料理学校に通う身で、相方の大久保同様、浮いた噂は聞こえてこない。

 ただ、光浦も留学する前はせっせと婚活に精を出していたようで、そんな中で思い出すのが、とある記者会見だ。

「『彼氏』は金目当てだったのかもしれない」

 と悲しい恋愛談を告白した、2013年6月10日のそれである。

 この日、タレントのKABA.ちゃんとともに、スマホ向けオンラインコミュニティーのイベントに登場した光浦は、知人の紹介で一般男性と知り合い、一歩進んだ関係へといこうとしたが、

「かいつまんで言うと『お金を出してほしい』的な感じで…。私よりお金の方が好きなのかなって」

 どうやら相手の目的は金銭だったらしく、借金の申し入れを断ったところ、

「今は音信不通なんです。多分、彼の家の前にでっかいビルが建って、電波が届かないんだと思う、電話会社の皆さんに頑張っていただきたい」

 この冗談とも本音ともとれる発言の中に、複雑な乙女心を垣間見たものである。この男性かどうかは定かではないが、光浦はラジオ番組でも、思いを寄せていた「年下の彼」と食事中のやり取りを明かしていた。

「2人で旅行に行きたいね」という話が出たものの、ここで芸人仲間から「お金目当てに擦り寄ってくる男もたくさんいるから、自分の方からお金を出すと言っちゃダメだよ」とクギを刺されていたことを思い出す。

 光浦が心を鬼にして「(お金は)出せないよ」と伝えると「じゃ、無理かな」と言われたのだと。独身の女性芸人の「あるある」ながら、やはりこの仕打ちは辛い。

「ただ、イケメンとの結婚願望は捨てていないようなので、カナダで電撃結婚なんてこともゼロではない。彼女にも一応、アンテナは張っていますよ」(前出・スポーツ紙デスク)

 恋愛に関しても、五十路を過ぎたベテラン女芸人2人の「大いなる活躍」に期待したい。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し