芸能

美川憲一「役者を目指し大映ニューフェイスに」/テリー伊藤対談(1)

 1965年に歌手デビューし、この6月に芸能生活60周年を迎える美川憲一。「もっと端っこ歩きなさいよ」や紅白歌合戦での小林幸子との衣装対決など、何かにつけ注目を集めてきたが、それらはすべて偶然ではなく、氏の計算だった!? 初めて聞くエピソードに天才テリーも驚きの連続!

テリー 美川さん、6月1日にデビュー60周年を迎えるんですね。

美川 そうですね。我ながら「しぶとくやってきたな」っていう感じです。

テリー アハハハ、しぶとくですか(笑)。でも、美川さんって昔からずっと変わらないですよね。いつお会いしても美川さんは美川さんで。さっきこの部屋に入って来た時も、やっぱり美川憲一でしたよ。

美川 もう外へ一歩出たら美川憲一ですから。だから、「あ、美川だ」って言われても、「はい、どうも」ってフランクに答えてますよ。

テリー みんな集まって来るでしょう。

美川 来ますよ。写真、写真って囲まれちゃって、大変です(笑)。

テリー そうか、偉いなぁ。でね、今日はせっかくなんで、デビュー当時のお話も伺いたいんですが。

美川 どうぞ。

テリー そもそも子供の頃から芸能界に入りたかったんですか。

美川 私、新橋の育ちなんですよ。で、新橋の駅から歩いて10分ぐらいのところに「飛行館」っていう映画館があって、子供の頃、よく映画を観に連れて行ってもらってたんです。

テリー どんな映画を観てたんですか。

美川 時代劇とか。でも、ほんとに小さい頃ですから、私が観たいものじゃなくて、母の好きな映画について行って。で、役者になりたいって大映ニューフェイスに受かったんです。

テリー あ、そうですよね。大映ニューフェイスの17期。

美川 そうです。大映が企画してた青春路線の映画に合いそうな若者を選ぶ中に入ったんですよ。で、その時は東宝芸能学校っていう学校があって、そこの試験を受けて入って、2年間勉強して卒業すると、優先的に日劇とかのダンサーになれたんです。

テリー あ、そうなんだ。ニューフェイスに受かってもすぐに俳優デビューできるわけじゃなくて。

美川 そうなの。だけど私は「ダンサーじゃなくて役者になりたい」って言って。その芸能学校にいる時に、俳優座や(劇団)民藝を受けた人もいるんだけど、芸能学校で基礎を習っても、やっぱり受かるにはそれなりの実力がないと難しいじゃないですか、特に新劇なんかは。で、そこで6カ月ぐらい勉強した時に銀座を歩いてたら「歌手にならないか」ってスカウトされたんですよ。

テリー へぇ。やっぱりよっぽどの美少年だったんですね。

美川 どうなんですかね、私はそう思わなかったけど。それでマネージャーみたいな人に「古賀政男先生を紹介してあげるからレッスンに行きなさい」って勧められて、大映に行きながら古賀先生のところにレッスンに行ってたんですよ。

テリー 当時お金なんかはどうしてたんですか。

美川 レッスンが終わった後にアルバイトしてましたよ。喫茶店のウエイターとかビルの清掃員もやってましたね。

テリー 美川さんにもそんな時代があったんですね。

美川 ありますよ。ちょっとつまずいて休憩する時間が少しあった時も、スナックにちょっと毛の生えたようなところへ行きましたし。その時は控室もなくて、そのお店の隣のラブホテルが控室でしたからね。

テリー ええっ!

美川 ほんとですよ。しかも部屋に入ったら、天井から何から全部鏡で、「こんなところで冗談じゃない!」と思いながら化粧しました。

ゲスト:美川憲一(みかわ・けんいち)1946年、長野県生まれ。高校を1年で中退し、東宝芸能学校に入学。1964年、「第17期 大映ニューフェイス」に合格。1965年、シングル「だけどだけどだけど」でデビュー。1966年の「柳ヶ瀬ブルース」が120万枚を売り上げる大ヒットとなり、映画化もされ、初出演。その後も「釧路の女」「さそり座の女」など次々とヒットを飛ばす。その後、コロッケのモノマネや「タンスにゴン」のCMで注目され、ワイドショーやバラエティー番組に進出した。今年6月、デビュー60周年を迎え、「歌手生活60周年記念 美川憲一 コンサート2024」が6月6日(木)の大宮ソニックシティ大ホールからスタートする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し