芸能

美川憲一「私がコロッケにお願いしたの」/テリー伊藤対談(2)

テリー そういう時、美川さんは落ち込んだりしないんですか。

美川 そのぐらいのちょっとした苦労はバネにしましたね。「私はこのままじゃ終わらない。絶対また大きなステージにカムバックできるように頑張る!」って自分に言い聞かせて。

テリー 偉いなぁ。

美川 で、そんな時に、たまたま「どついたるねん」(1989年公開)っていう阪本順治監督の映画の話が来たんですよ。

テリー はい、赤井英和さん主演の。

美川 そうそう。で、それ、バーのママの役だったんですよ。昔だったら「そんなの冗談じゃない」って断ってたんだけど、その時は仕事を選んでる場合じゃないから。で、それに出たら今度はコロッケのモノマネの番組のオファーが来たんですよ、ご本人登場で。

テリー コロッケさんが美川さんのモノマネをやってるのは知ってたんですか。

美川 あれは「あんた、私のモノマネしなさいよ」って、私がコロッケにお願いしたの。

テリー ええっ、そうなの!?

美川 そうなの。プライベートの私の誕生会で。まだその時はちょっとテレビにご無沙汰してる時だったから、コロッケに「私のモノマネやりなさい」って言ったら、最初は「難しくてできない」って言ってて。だから、「あんた、そんなこと言ってたら時代遅れになるわよ」「いつまでもブルース・リーで熱い鍋に手を入れるモノマネして、『アチャー!』とか言ってるだけじゃすぐ終わっちゃうよ。新しいのやった方がいい」って言って。

テリー それでコロッケさんがモノマネしてくれたの?

美川 そう。あんなに「できない」って言ってたのに、ある時、お昼の番組を観てたら、私のモノマネしてて、「あら、いい子じゃないの」って(笑)。

テリー そうなんだ。僕、初めて知りましたよ。変な話、美川さんはムッとしてるんじゃないかと思ってたんですけど、そうじゃなかったんだ。

美川 はい。全部、私の演出です。

テリー さすがですねぇ。

美川 それで、そのモノマネ番組に出た時も媚を売るのはやめようと思って。司会の人に何か聞かれても絶対に「うれしいです」なんて言わずにおこうって。それで「(モノマネされて)いい迷惑よ」とか「私はこんな安物の衣装着てこない」って言ったらバカウケしちゃって。ワイドショーのお仕事とか、いろんなオファーが来るようになったんです。

テリー そうだったんだ。「タンスにゴン」のCMはその後です。

美川 あのCMは元々「亭主、元気で留守がいい」とか言っていて人気のCMだったんですね。それで、「これは絶対にちあき(なおみ)を食ってやる」って戦う気持ちで撮影に行ったんです。別にちあきさんと仲悪かったわけじゃないですけどね。

テリー はい、わかります。

美川 そしたら監督が来て、「美川さん、ちあきさんが商店街で『タンスにゴン、タンスにゴン』って言ったら、後ろから自転車で来て、『もっと端っこ歩きなさい』って言ってください」って言われたの。「自転車、乗れますよね?」って。それで「はい」って答えたんですけど、ほんとは乗れなかったんですよ(笑)。

ゲスト:美川憲一(みかわ・けんいち)1946年、長野県生まれ。高校を1年で中退し、東宝芸能学校に入学。1964年、「第17期 大映ニューフェイス」に合格。1965年、シングル「だけどだけどだけど」でデビュー。1966年の「柳ヶ瀬ブルース」が120万枚を売り上げる大ヒットとなり、映画化もされ、初出演。その後も「釧路の女」「さそり座の女」など次々とヒットを飛ばす。その後、コロッケのモノマネや「タンスにゴン」のCMで注目され、ワイドショーやバラエティー番組に進出した。今年6月、デビュー60周年を迎え、「歌手生活60周年記念 美川憲一 コンサート2024」が6月6日(木)の大宮ソニックシティ大ホールからスタートする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し