芸能

芸能界「性加害余波」続く…はるな愛が幼少期に経験した「歌の先生との恐怖の一夜」

 旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)の創業者ジャニー喜多川氏に端を発した、芸能界の性加害問題。権力で未成年を手玉に取った罪は重く、いまだPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされる者が少なくない。強制性交渉は臭い物に蓋をするように報じられてこなかったが、元ジャニーズJr.たちが声をあげたことで、顔出し、実名告発が続いた。売名行為と叩かれることを覚悟の上で激白した「非ジャニ」のひとりに、はるな愛もいた。

 はるなは美人系ニューハーフタレントのパイオニア。松浦亜弥の口パクものまね、エアあややでブレイクし、20年近く経ってもなおテレビ番組に出ている。実業家としても成功しており、飲食店を4店舗も経営。彼氏の存在も明け透けにしている。

 トランスジェンダーで、幼年期から性自認は女性。この頃、将来は女性アイドルになることが夢だった。そんな男子「大西賢示」が性被害に遭ったのは、小学生の時だ。相手は歌のレッスンの先生。当時70歳ほどで、古希前後の超熟だった。

 その先生は、地元の大阪では名が知られていた。物腰が柔らかく、評判も良かった。賢示少年に親や親戚が同行した際は、優しい普通のおじいちゃんだった。ところがひとりで行った日は悪の素顔を見せ、布団が敷かれた部屋に案内され、体を触られた。「口」での行為もされたという。

「賢示少年は当然、性体験がまだなかったので、驚きとショックでどうしたらいいのかわからなかったといいます。行為中は目をつぶって、終わるのをひたすら待った、と。ある週末は、1泊の強化練習をすると親に伝えられ、『公認のお泊まり』。おじいちゃん先生は夕食を振るまってくれ、食べ終えると別室で地獄のルーティンを繰り返したとか」(実話誌記者)

 先生は一緒に寝ることを好んだ。賢示少年を養子に入れたいと言い出した。将来は芸能界に進んで、歌って踊るアイドルになりたい夢を描いていたため、「歌手の世界ではこういう行為が当たり前なんやろうな」と思い込むことで、ひたすら耐えた。

 それがついに限界に達した頃、親に訴える。父は号泣する息子を先生の前に突き出して、「子供にそんなことをして、泣いてるじゃないか!」と怒号を浴びせ、絶縁。歌のレッスンもやめさせた。

「おじいちゃん先生が後に死去した際、はるなは葬儀に列席したそうです。葬儀には当時の賢示少年と同じぐらいの少年が何人も出席しており、『あー、あの子たちもヤラれていたんだろうなぁ』と思ったらしい」(前出・実話誌記者)

 忌々しい出来事から40年ほどが経った。今でもおじいちゃんが得意としていた、野菜がゴロゴロ入ったカレーを見ると、つらい思い出がよみがえるという。そのカレーを食べた後の「儀式」も一緒に思い出してしまうため、布団が敷かれている部屋を見るとフラッシュバックするとか。

 51歳になったはるな。受難は一生続くのかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」