社会

【究極ミステリー】一夜にして村がまるごと消失…全村人と家畜を連れ去ったのはUFOか軍か

 精神に異常をきたした男が次々に村人を手にかけ、全員が死傷。その村は廃村となり、地図上から消えた。かつて日本では、そんな恐ろしい事件が起こったことがある。

 一方、中国のとある村では、なんと住人1000人が一夜にして消失したとして、宇宙人によって連れ去られたのではないか、いや、悪魔の伝染病により政府が隔離したのではないか等々、噂が噂を呼ぶ謎の神隠し事件があったとされる。それが俗に言うところの「夜狸猫事件」だ。UFOと超常現象に詳しいジャーナリストが語る。

「実はこの事件は2010年10月に突如、中国の大手SNS『微博(weibo)』に投稿された〈秦嶺山脈のふもとの村が一夜に消えたという話がある〉という書き込みがきっかけでした。それが一気に広がったもので、新唐人テレビをはじめ、複数の中国メディアがこの話題を報道しました。ところが当局による検閲なのか、書き込みはすぐに削除され、ニュースを報じたメディアも、数分後に記事が消えていたそうです」

 その報道によれば、失踪事件が起こったのは1987年。場所は中国の陝西省にある、人口1000人ほどの晶山村だ。忽然と姿を消したのは村人だけでなく、犬や猫、鳥や牛といった家畜まで。一夜にして、まさに煙のように消えてしまったという。しかも家屋には身の回りの品だけでなく、食事がそのまま残されている家もあったことから、なんらかの緊急事態が発生したと推測。取るものも取りあえず避難したか、あるいは文字通り、何者かにより連れ去られたような状況だった。先のジャーナリストが解説する。

「陝西省は中国の中央部に位置し、北部は砂漠、南部には秦嶺山脈が連なる。晶山村はちょうど山脈のふもとに位置しており、近くにはロケットの打ち上げ場がある。そんなことから、一帯ではかねてからUFOの目撃情報が多かったことで『エイリアンに連れ去られたのではないか』という説が一気に広がりました」

 ただ、一部メディアでは、こんな証言が報道された。すなわち、村が消失する前には咸陽ハイウェイ沿いの道路が封鎖され、軍による検問がなされており、消失から数日後の村周辺に軍用車や戦車、ミサイルランチャーなどが大量に搬入されていた…。

 軍の関与をほのめかしたわけだが、むろんこの報道も数分後には、一切なかったかのように削除されてしまう。はたして、村人はどこに消えたのか。晶山村は今も当時のまま残されているが、真相を語る者は誰もいない。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え