社会

「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白

 みなさんは「カサンドラ症候群」という言葉をご存知だろうか。これは発達障害特性の人と接する人が、うまくコミュニケーションが取れず苦しむ状態を指す症状のことである。「大人の発達障害」が認知されるようになった現代で、「カサンドラ症候群」に陥る人は多い。

 自分が特別だと思ったり他者を見下したりする尊大型ASD(自閉スペクトラム症)の夫と結婚し、カサンドラ症候群に苦しんだ末に離婚したA子さんが語る。

「前夫は私や義母(夫の母親)に対して『収入が少ないくせに』など、上から目線の態度をしょっちゅうとるような人でした。例えば私や義母と食事をした時にお会計は全て済ませてくれるんですが『いいよ、お前ら金ないじゃん』とさりげなく相手をモヤモヤさせることを言うんです」

 友人に対しても同様に、見下した態度をとっていたといい、

「猫を飼っていたんですが、同じく猫を飼っている友人が写真を送ってくれたんです。11歳の高齢期の猫ちゃんで、私が『可愛いね』と言うと、夫が『ボロボロじゃん。うちの猫の方が可愛い』と。共感性に欠けていて、相手がどう思うかあまり気にしないのも、尊大型ASDの特徴です」

 結婚当初はこんなこともあったという。それは結婚式を終えて、A子さんが祝儀のお礼リストを作っていた時のこと。前日に飲み会で夜遅く帰ってきた夫が「電気がまぶしくて寝られないから消してくれ」と言ったのだ。A子さんが振り返る。

「祝儀のお礼には夫の会社の人のものもあります。深夜遅くまでやっていて注意されるのはわかるけれど、朝のことですよ。この頃からすでに、なぜ結婚したんだろうという気持ちが芽生えていきましたね。その後も夫の言動が続くたびに、夜に眠れない日が増え、最終的には病院で『抑うつ傾向がある』と診断されました」

 A子さんの症状は悪化し、日ごとに無気力になっていった。しかし、夫は変わらず同じ態度を崩さない。最終的には体調不良で寝込んでいるA子さんに対して「なんで今日1日家にいたのに、掃除してないの?」といった心無い言葉を投げかけたという。これが決定打となって、A子さんは離婚を決意した。

 離婚後はそれまでの症状が収まり、驚くほど穏やかな日常が戻ってきたと、A子さんは言う。その後、メディアでカサンドラ症候群の存在を知り、自分もこれに当てはまるのではないかと気付いたのだった。

 なお、A子さんの夫は外ヅラは良かったため、彼女の苦しみは周囲に十分に伝わっておらず、離婚後には「どうして離婚したの?」と驚かれたという。

 大人の発達障害は外見からはわかりにくいため、パートナーがカサンドラ状態になっても周囲から理解されず、ひとりで悩むケースが多いと言われている。

 もし自分がカサンドラ症候群かも、と感じたらひとりでは悩まず、信頼できる友人や家族との共有を考えよう。気になる症状があれば、医師の診察を受けるなどして相談することも大切だ。

(結城りさ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」