芸能

刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮

 Gカップのバストを誇るグラドル・森咲智美のYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉にGカップ美ボディぶりで知られる犬童美乃梨が出演。〈体力測定3番勝負〉として、贅沢なGカップの艶競演を見せた。

 7月23日投稿回でのことだが、同回は森咲、犬童のどちらが体力に勝るか、反復横跳び、縄跳び、腕立て伏せの3番勝負で争われた。2人とも上半身はセパレートタイプの水着、下半身はショーパンで肌見せ度は高め。登場してすぐに、森咲、犬童の豊かな胸の渓谷に目を奪われてしまうのだが、対決に入るとそれがなおさらのことで…。

 まずは、「1分間の反復横跳び対決」。犬童の先行でスタートすると、早くもポロッと見えの予感が。なぜなら犬童の水着は左肩のみでつながっている艶水着で、開始早々こぼれそうになる右胸を必死に手で抑えながらとなったのだ。が、それでも132回の記録。

 後攻の森咲はなんだか走っているような不器用な反復横跳びで笑いを誘い、記録は110回で、犬童の勝利となった。

 続いて2種目目の「縄跳び対決」では、ともに豊かな胸を上下に揺らす艶っぷりを見せつけつつ、またも犬童の勝利。

 3種目目は膝を立てての1分間の腕立て伏せ対決で、胸の先が床につくことを条件に進められた。「キツイ」とは言いながらも快調に飛ばす犬童に対して、「グ~、ウ~」と弱々しい吐息の森咲…。結果は犬童28回、森咲14回で犬童の3戦3勝と圧勝だった。

 しかし、勝負の行方以上に2人の胸の“渓谷”が、ただただ気になる艶動画とあって、〈高校生には刺激が強すぎます。年齢制限かからんのが不思議なくらい〉〈Gカップ2名、豪華なコラボすごいな〉〈これは超絶景です〉と視聴者もご満悦のコメントの数々だった。〈Gの競演〉は今後もあるか?1度と言わず2度3度と、ぜひ森咲にはリベンジを期待したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」