芸能

イケメン落語家・瀧川鯉斗、「少年時代に名古屋で暴走族入りした経緯」を告白!

●ゲスト:瀧川鯉斗(たきがわ・こいと) 1984年、愛知県出身。東京に生まれるが、父親の転勤で3歳の時に北海道、小学3年時に名古屋市へ転居。中学生の頃から反抗期が始まり、高校には進学せず暴走族の総長に。2002年、役者を目指し上京。アルバイト先で開催された現在の師匠・瀧川鯉昇の独演会を見て、05年に入門、瀧川鯉斗となる。09年、二つ目に、19年5月に真打に昇進した。

 元暴走族総長という異色の経歴を持つ若手落語家・瀧川鯉斗。「ワイドナショー」(フジテレビ系)での「手越祐也を5000発殴る」発言が物議を醸したばかりだ。天才テリーも嫉妬するイケメンは、特攻服を脱ぎ捨てて、なぜ落語家になったのか。師匠や落語へのあふれる愛を語り尽くした!

テリー 手越(祐也)に対する発言が話題になりましたね。「5000発殴る」。

鯉斗 はい(笑)。すごい反響で、「冗談じゃねぇ」とか「手越に謝れ」とか、SNSでたくさんコメントが来ました。普通にシカトしましたけど。でも、こんなに反響が来るんだっていうのは、驚きましたね。

テリー あの発言はどういう思いだったんですか。

鯉斗 いやぁ、日本中が大変な時、しかも志村(けん)さんも亡くなってという中で、女友達を呼ぶっていう心持ちがダメだと思って。つい出ちゃいましたね。

テリー 今、目の前に手越がいたら殴るんですか。

鯉斗 いやいや、こっちも負傷しちゃうんで(笑)。

テリー そうだよねぇ(笑)。鯉斗師匠は、2019年5月に真打に昇進されて、今は立派な師匠ですけど、その前はバリバリの暴走族の総長だったという。

鯉斗 えぇ、反抗期で。やってましたね。

テリー 生まれは?

鯉斗 東京です。でも父が転勤族で、3歳の時に北海道に引っ越したんですよ。小学3年生の時にまた引っ越しまして。それから少年期はずっと名古屋です。

テリー じゃあ、名古屋で悪かったんだ。なんで暴走族になったんですか。

鯉斗 環境ですかねぇ。(名古屋の)天白(てんぱく)っていうところだったんですけど、医者のせがれの友達から、こっち(頬に傷のしぐさ)のせがれまで、ピンキリだったんですね。で、ヤンチャをやっていた先輩の中に憧れの人がいまして。すごくオシャレで格好よくて、男気もある人だったんですよ。

テリー あぁ、若い時はそういう不良に憧れるよねぇ。で、その人が暴走族だったんだ。

鯉斗 はい。昔の暴走族のイメージは、たぶんこう(リーゼントのしぐさ)だと思うんですけど、昔、木村拓哉さんが出てたドラマの「ロンバケ(ロングバケーション)」ではやったロン毛みたいな髪型で。

テリー もう「ビー・バップ(・ハイスクール)」じゃないんだ。

鯉斗 僕らの時は。まぁ、田舎にはいましたけどね。名古屋の中でも田舎ですけど。

テリー 俺、全然わからないんですけど、暴走族って何するんですか。

鯉斗 夜にバイクで走るのがメインですね。

テリー 車は大変だもんねね。お金もかかるし、車庫証明もいるし。

鯉斗 そうですね。

テリー 何に乗ってたの?

鯉斗 いろいろですね。(カワサキの)ゼファーだったり、(ホンダの)CBXとかCBR‥‥。

テリー あ、ということは限定解除じゃなくて‥‥。

鯉斗 400までです。

テリー そうだよね、限定解除って難しいんだよ。

鯉斗 そうですね。取りたいと思っても、なかなか。

テリー でも俺、昔、取ったんですよ。ハーレーに乗りたくて。

鯉斗 えっ、そうなんですか。すごいですね。うらやましい。やっぱり、400以上のバイクは憧れますよ。

(アサヒ芸能8月6日号「天才テリー伊藤対談」=1=)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変