特集

アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

Sponsored

 “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスばかり──。

 冒頭からアラフォー記者の愚痴のオンパレードで恐縮だが、30半ばも過ぎた男なんてこんなもの。働き方改革が叫ばれる中、“人生100年時代”なんて話をよく聞くけど、ライフスタイルの見直しなんて夢のまた夢だ。

 これがアラフォー男の現実だよな……。

 いや、それでいいのか自分! 仕事にもプライベートにもある程度の満足感はあるけど、こんな日々を過ごして手に入れるのは……出世? 生活の安定? でも待てよ。何か肝心なことを忘れていないだろうか。

⇒他の人とは違うアラフォーでいるためには

◆モヤモヤっとした健康不安。これからどうなるのか、何をすればいいのか……

「お前、最近疲れてないか? 生気がないぞ!」

 エネルギッシュな50代の上司が言えば、自称“健康ヲタ”な同僚女子も憐れむような顔でこう言った。

「ちゃんと栄養摂ってる? このままだといつか倒れちゃうわよ」

 やっぱりそうなのか? そういえば、去年の健康診断ではいくつかの数値でチェックが入ったな。面倒だし、何より「俺はまだ若い!」って無視してたけど、このままずっと放置していたらこの先どうなってしまうのか。いくら仕事で結果を出して出世したとしても、そのとき健康トラブルを抱えていたら……。

 不安にかられる。そうだよな、健康に不安を持ったままじゃ、明るい未来は想像できない。今はまだ乗り切れても、急に“ガタ”がくるってよく聞くしな。でもどうしたらいいのか……。

「俺は肝臓だった。毎晩飲み歩いていたからな。10年くらい前は、朝から今のお前のように疲れた顔してやる気も起きず、仕事も家庭もトラブル続きだったよ。だから、少しずつだけどまずは食生活を改めた」

「健康の基本は食事。私は何を食べるかはもちろん、食材の産地までチェックしているわ」

 このような上司と同僚の忠告はもちろん、周囲の人のアドバイスはとてもありがたい。このままじゃ大変なことになる。健康や将来への不安を払拭するためにも、自分に合ったケアを考えなければ! 自分の場合は……。

◆同じ悩みを抱えていた上司と同僚の話から得た3つのヒントとは……

 上司の不安要素だった「肝臓」。これって、実はけっこうヤバい。一般的に肝臓の役割は「代謝」「解毒」「胆汁の生成と分泌」といった、生命維持に欠かせない重要な役割を持つ。そして何がヤバいかって、“沈黙の臓器”と呼ばれているらしく、何か異常があってもはっきりとした自覚症状がないばかりか、知らないうちにダメージが蓄積、気付いたときにはけっこうな状態になるんだとか。だとすれば、自分の何だかよく分からないモヤッとした不安も、肝臓によるものなのかもしれないな……。

 同僚の健康ヲタのように、ただ食べ物から栄養を摂るだけじゃなくて、産地にもこだわったほうがいいのかも。それなら信頼できるし安心感もあるから、国産もののほうがよさそうだ……。

 でもやっぱり……栄養を摂るといっても、メシの度にいちいち気にするのは現実的じゃないよな、外食も多いし。こんな自分でも手軽にできる対策があれば、すぐにでも始めるのになあ……。

⇒「沈黙の臓器」の役割をもっと詳しく

◆江戸時代から続く“生活の知恵”から興味をひかれたのがコレ!

 上司や同僚と同じように、“みんながやってる”ことも無視できない。それが古くから続いていればなおさらだ。まさに“生活の知恵”だろう。

 そんなところから注目したのが「シジミ」。今では土用といえばウナギだが、なんでも江戸時代には“土用シジミ”の習慣があったほど栄養価が高いらしい。多くの書物にも記され、“シジミ売り”は落語の題材にもなっているようだ。そういえば、上司は「ハジけた翌朝のシジミの味噌汁」を習慣にしていたな。

 そんなシジミの、しかも国産で栄養をギュッと濃縮したシジミエキスが入った『レバリズム-L』は、他にも“海のミルク”と呼ばれる栄養価が高いカキのエキスも入っている。こちらは国内トップクラスの生産量となる岡山県産らしい。サプリメントだから、効率的で手軽に栄養摂取ができるのもいい。食生活もいきなり変えなくてよいし、毎日同じものを食べなくていいのは助かるな。

 国産原料に加えて、累積販売個数30万で900万袋、累積ユーザー数30万人(いずれも販売期間:2015年8月~現在※自社調べ)という実績データから、信頼もできそうだ。

⇒レバリズム-Lをお得にゲット※初回限定定期購入で1ヵ月分が70%off!

 頼りになる“相棒”を得て、自分の将来が楽しみでしかない。

Sponsored by株式会社Bella Pelle

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク