芸能

バカリズム、「『おもしろいよ』のカツアゲ」ヤユの声が上がった意外素顔

 9月1日放送の「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)で、意外な素顔を披露したバカリズムが話題になっているようだ。

 番組では、風刺の利いたフリップ芸もさることながら、コメンテーターや脚本家、役者としても活躍するバカリズムのことをMCの博多大吉は「シンプルに天才」と表現。コロナ禍で放送延期となっていたドラマ「竜の道」(フジ系)が始まるまで、代打放送されていた竹野内豊主演のドラマ「素敵な選TAXI」(フジ系)がバカリズムによる脚本だったため、大吉が「単独ライブのネタ以外にも脚本まで書いていて」と称賛すると、その言葉を受け継いだ博多華丸が「それに竹野内豊が従ってる」とツッコミを入れたことでスタジオは笑いの渦に。

 ところがその後、オードリーの若林正恭や女優の夏帆から、ネタ披露後や演技後に「あれでおもしろかったかな?」「大丈夫だったかな?」など、驚くほどの心配性であるという「意外な素顔」を暴露されたのだ。

「番組では、そんなバカリズムを『心配性』と表現していましたが、ネット上では『バカリズムがやっているのは「おもしろいよ」のカツアゲ』『“そんなことないよ待ちの女”とまったく同じ』など、ヤユする声があがっているようです。『私ってかわいくないから』などと自身を卑下して、周囲から『そんなことないよ』と言われることを待っている女性は少なくありません。4月17日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)にゲスト出演した千葉雄大は、そういう女性の行為を『そんなことないよのカツアゲ』と表現。これが大きな話題となったことから、バカリズムも心配性ではなく、『おもしろかったよ』を周囲からカツアゲする面倒くさい人ではないかと指摘されているようです」(女性誌記者)

 芸人として売れなかった時代が長かったことから、自身の感性は他人とズレているのではないかと「いつも心配している」と語ったバカリズム。これだけ才能を発揮して引っ張りだこなのだから、ただならぬ感性であることは間違いないのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
杉浦友紀よりデカい!?あのNHK美女アナが魅せる「あさイチ」バストのド迫力!
2
本田翼のバストが透けてる?“新CM動画を一時停止”するファンが続出したワケ
3
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
4
菜々緒&仲里依紗、地上波カットされた「スカートの中モロ見え映像」の視聴方法
5
YOSHIKI“芸能界ケンカ最強”でも「大ビビリ」した意外なモノとは