芸能

「深田恭子が潰される!」復帰地獄のタブー内幕(3)“痩せキョン”の発端は「ルパンの娘」

 舞台裏では驚くべき光景が目撃されていた。

「番組では気丈にふるまって映画の宣伝に努めていますが、出番を終えた後は控室で抜け殻のようになるほど憔悴しきっているようです。一度、楽屋に移動中の姿をお見かけしたのですが、隣にいるスタッフに手を引かれて弱々しい足取りでした。これが映画公開後もしばらく続くのでしょうが、深田さんのプロ根性には頭が下がる思い。なんとか映画が当たってくれることだけを願っています」(フジ関係者)

 ひとりでまともに歩けないとは、もはや尋常ではない。この「衰弱歩行」地獄にあって、映画のヒットこそが最高のプレゼントになるのは間違いないのだが‥‥。そもそも“痩せキョン”になった発端は「ルパンの娘」にあった。

「実は、深キョンは19年の夏ドラの『ルパン』以降、この役以外に出演していません。それだけ思い入れのある作品なのですが、実は毎回激しいアクションシーンがあるため、深キョンが着用する泥棒スーツは特注品。ところが、昨年秋のパート2では、事前に採寸した時よりも増量してしまい、実際にスーツを着用してみるとムチムチな仕上がりに。周りのスタッフからはむしろ艶っぽさが出ると好評でしたが、コスプレ好きの深キョンとしては許せなかったようです」(映画関係者)

「美」には人一倍こだわるのが深キョン。その後、気合を入れてジムに通い、厳しい食事制限を課すなど過酷なダイエットに取り組んだ。その結果、今年2月に行われた映画版の撮影では、前作よりもほっそりした泥棒スーツ姿で、ワイヤーアクションなど、激しいシーンもこなすことができたというのだ。

 何より心配されるのは、あまりの激やせぶりだが、

「休養中は交際中の不動産会社シーラホールディングス・杉本宏之会長が献身的に支えたようです。深キョンは女優にしては珍しく体重の増減が激しいタイプ。ただ、これ以上痩せると健康面の深刻なリスクが浮上します」(芸能デスク)

 織田氏はハラハラしながら心配する。

「深キョンでボディスーツといえば、映画『ヤッターマン』(松竹/日活)のドロンジョ。巨乳を強調した衣装がとにかくエロいハマり役。『ルパン』の映画版には、テレビ版以上のセクシー艶技を期待しつつも、病み上がりでの連日のPRはオーバーワークになりかねない。何かあってからでは遅い! もしも、深キョンが潰れたなんてことになれば日本中のムチ好きファンが黙ってはいないはずです」

 深キョンには、ドロボー映画を鑑賞することが、捨て身のPRに応える唯一の方法かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム「やればやるほど赤字」東京ドーム試合やめた!釧路も帯広も静岡も「全中止」の衝撃
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「中絶トラブル」広島カープ・中村奨成が成績ナシでも「年俸100万円ダウン」で済んだ理由
4
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」