芸能

広瀬アリス&ジャニーズに「下品で古臭い」「私生活とギャップ」の烙印

 広瀬アリスが主演している連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうやってするの?」(フジテレビ系)の第1話が4月18日に放送された。広瀬は今クール、「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」(日本テレビ系)にも滝藤賢一とのダブル主演で出演中。また、松本潤主演の次期NHK大河ドラマ「どうする家康」には、家康の側室役で大河初出演が決定しており、女優として引っ張りだこだ。

 一方、広瀬の恋のお相手役となる松村北斗(SixTONES)も、4月初旬で最終回を迎えたNHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、上白石萌音扮する初代ヒロイン・安子の誠実な夫を演じ、国民的な人気を得たと言っても過言ではない。そんなまさに 「旬な2人」を中心とした恋愛ドラマとあって、放送前から注目度はかなり高かった。

 しかし、視聴率は7.0%(世帯平均視聴率)と、まさかの1桁台で苦戦を強いられている。同局の月曜21時の枠で、綾瀬はるか主演「元彼の遺言状」が2桁台と健闘しているため、22時からのこの枠に視聴者が流れてきてもいいはずなのだが…。ドラマライターが分析する。

「広瀬扮する、仕事はできるが色恋に興味なしの桜沢純は『恋なんて人生のムダ!』と常日頃から豪語。松村は『来るもの拒まず』なイケメンギャルソン。この2人を含む男女6人が本気の恋に落ちていく、というラブストーリーです。ただ、ネットでは初回から手厳しい指摘が多かった。例えば『女性同士での会話が高齢未経験女子といったものや、週何回しているか、など下品すぎる』『描き方がトレンディードラマよりも性差別的で前時代的』など、総じて古臭く感じるというものです。『これでいけると思ったフジの制作陣にビックリ』とまで…」

 加えてキャスト陣には「広瀬アリスちゃん、なんかがたいでかい。恋愛モノのヒロイン感がない」など、今のところ落第点の烙印を押すコメントが目立つのだ。

 松村に対しても「せっかく朝ドラで注目度も好感度も高くなったのに…」として、「固くてぎこちない演技と俳優向きではない声質の違和感について言及し、期待外れだと」(前出・ドラマライター)

 近年の「恋人にしたい女優ランキング」で1位になるなど乗っている広瀬に「私生活が充実しているヤツが演じてもダメってこと」という、奇しくも同じジャニーズの大倉忠義との熱愛報道を匂わせる声も。

「27歳で恋愛も、男性経験が全くなし」の設定は、今の広瀬にはさすがに無理がありすぎたか。むしろ逆に、今後の2人の大胆すぎるほどの本気の艶シーンで、なんとか挽回していってほしいものだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し