政治

嗚呼、80年代アイドル32年ぶり和解までの「ワケあり相関図」(3)三原じゅん子が聖子をガン無視

 聖子と同じ「黄金の80年組」は、どちらかといえばバチバチの関係が見られたものだ。

 岩崎良美(61)がデビュー当時、アイドル像を貫いていた聖子を尊敬する一方で、三原じゅん子(58)はヤンキーキャラそのままに無視を決め込んでいた。レコード会社関係者は言う。

「文化放送ですれ違った時に、三原がガン無視。それをたまたま見ていた桜田淳子(64)がラジオで、『ある女性歌手が聖子ちゃんを無視して信じられない』と、憤慨したんです。その後、事務所からの指示で聖子に挨拶しないようにしていたことがわかった」

 同じく事務所のイメージ戦略で、スターアピールしていたのは、柏原芳恵(57)だ。レコード会社関係者が続ける。

「楽屋でも外出先でも常にサングラスを外さなかった。男性マネージャーを顎で使うと噂されたこともあり、事務所側が大物アイドル感を演出したかったのです」

 爽やかな微笑みでスター街道を駆け上がった河合奈保子(59)も、事務所に厳しく管理され、同期とプライベートで会話を交わすことはほとんどなく、一匹狼のような存在だった。

「正統派のアイドルとして売り出していたので、豊満な巨乳が目立たないように、コンサートの時はサラシを巻いていました」(レコード会社関係者)

 82年組では、明菜と小泉の距離が急速に縮まったきっかけが「生卵事件」だった。

「デビュー年に開かれた『新宿音楽祭』のステージで、観客席から生卵が飛んできて小泉の顔や衣装がベチョベチョになりました。周囲が茫然とする中、すぐに駆け寄ってフォローしたのが明菜。それ以来、2人は仲良くなったのです」(芸能デスク)

 明菜と聖子はアイドルとしてあまりにも突出していたため、小泉が2人をライバル視することはなかったという。

 ライバルひしめくアイドル全盛期に、デビュー曲「セーラー服と機関銃」でオリコンチャートの1位に輝いたのは薬師丸ひろ子(58)だが、歌手活動に頭を悩ませていた。レコード会社関係者が明かす。

「デビュー曲からヒットを連発していましたが、次第に歌の方向性を見失い、辞める寸前でした。そんな時に松任谷由実の苗場公演に遊びに行き、プロとしての姿勢に圧倒されて、再び歌うことを決意したのです」

 デビュー時から歌手活動もしていた真田広之(62)と手塚理美(61)にも結婚裏話があった。

「90年に真田と手塚は結婚していますが、88年放送のドラマ『ニューヨーク恋物語』(フジ系)で、真田は桜田淳子と共演しています。それを見た母親がものすごく気に入り、『お嫁さんには淳子ちゃんがいいのに‥‥』と漏らし、手塚との結婚に前向きではなかった」(芸能記者)

 その後、真田の不倫報道をきっかけに、97年に離婚。桜田は92年に旧統一教会の合同結婚式に参加した。

 山あり谷ありワケありの人生を過ごした80年代アイドルが、大みそかに集結する──ハラハラ、ワクワクするではないか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】