スポーツ

錦織圭の選手生命を左右する「結婚のハードル」

 9月に行われた全米オープンで見事準優勝に輝き、その後もマレーシア・オープン、楽天ジャパンオープンと2週続けて優勝、世界ランク6位に浮上した錦織圭。来年1月に行われる全豪オープンでは、放送権を巡って早くも5億円の争奪戦が行われているという。錦織のこの1年の目覚ましい活躍ぶりには、目を見張るばかりだ。

「快進撃の秘密は、マイケル・チャンコーチだと言われていますが、もうひとつに婚約者の元新体操選手の坪井保菜美さんの存在が挙げられます。坪井は、北京五輪のフェアリージャパンの一員。早稲田大学でスポーツ科学を学び、錦織を私設マネジャーのようにサポートする姿が、よく大会でも見かけられます」(テニス関係者)

 ふたりは今から2年ほど前に交際が発覚。その後も順調に愛を育んでいるという。

「その前に交際が発覚した福原愛ちゃんとは、卓球関係者から横やりも入り別れてしまいましたが、今回は順調そのもの。去年の9月には、錦織が彼女を実家に連れて行き、『世界でトップ10に入ったら結婚します』宣言をしたと聞いています」(写真誌カメラマン)

 ところが最近、二人は結婚の条件のハードルをさらに上げているという。

「『4大メジャー大会で優勝すること』が結婚の条件だと聞きました。1月の全豪あたりですんなり優勝できればいいのですが、ムリをしてケガでもしたら元も子もないと心配する声もあります」(前出・テニス関係者)

 体力的にやや劣る錦織の大敵はケガ。ケガをして結婚はおろか、選手生命を断たれる事になっては日本テニス界の大損失になる。メジャー制覇に集中するためにも、早く身を固めたほうがいい気もするが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!