芸能

明石家さんま「寵愛ランキング・ラブメイト10」酒池肉林の真実(3)スキャンダル美女の救済も…

 さんまは04年、ブレイク直前でまだ10代だった上戸彩(37)の名前を挙げて「5年後の上戸彩」と紹介するなど、先を見据えた選出でも嗅覚を発揮してきた。19年に不倫騒動以前で知名度が低かった唐田えりか(25)を選べば、13年にはFUNKY MONKEY BABY’Sの楽曲「ありがとう」のMVで共演した恒松祐里(24)を選出。彼女はその後、Netflix映画「全裸監督シーズン2」(21年)でヒロインを射止めている。

「女子アナでも、06年にNHK松山放送局時代の鈴木奈穂子アナ(41)をランクインさせ、一気に知名度が全国区となりました。東京アナウンス室に配属された後は、看板アナの登竜門と言われる『おはよう日本』に抜擢。11年にも『ラブメイト10』に入ったが、さんま自身は同一人物だと気づいておらず、逆に審美眼の高さを証明する形になった」(芸能記者)

 先見の明だけではなく、“救済措置”も見られ、最新版では「鳥羽シェフと噂の女優」と紹介。98年にドラマ「世界で一番パパが好き」(フジ系)にて親子役で共演した広末涼子(43)にエールを送る場面もあった。

「16年にゲス不倫スキャンダルで謹慎していたベッキー(39)を選出。『電話してきて』とラブコールを送ると、本人から生放送中に電話がかかってきた。さんまさんは誰もいじれなかった騒動を引き合いに、テンポのいい掛け合いで笑いを誘い、改めてベッキーのすごさを伝えたことがあったんです」(民放局テレビマン)

 一方、AV女優のランクインも「ラブメイト10」の“お約束”だが、11年に選んだ優希まこと(33)とは、実際に酒池肉林に発展していく。

「番組で紹介したことが縁で知り合うと、13年にフライデーで自宅お泊まり密会が報じられました。この件を東京スポーツに直撃された優希は、男女の関係を認め、『すぐ勃って元気でした』などと赤裸々に暴露したのです」(芸能記者)

 さんま自身はハニートラップだと訝しがるが、これも審美眼のなせる業か。尾谷氏は歴代のランキングを見て、こう分析する。

「好きな女性のタイプは一貫性がなく、その都度、野生の勘で選んでいます。ただ、いち早く売れる美女を見抜く能力は一流のスカウトマン級。見習わなければいけないし、さんまさんにアサ芸の別冊の編集長を任せれば、グラビアが充実して爆売れも間違いなさそうです」

 古希も近いというのに、飽くなき美女探訪こそが元気と若さの秘訣のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」