政治

「現金配布リスト」も入手!柿沢未途「電撃逮捕」で汚名返上に執念を燃やす東京地検特捜部の「本気度」

 今年4月の東京都江東区長選で初当選した木村弥生氏の陣営が、違法な有料ネット広告を掲載していたとされる公職選挙法違反事件は、木村氏を支援していた法務副大臣(事件発覚後に辞職)の柿沢未途衆院議員(東京15区)による選挙買収疑惑へと発展した。

 新たに浮上した選挙買収疑惑の最大のポイントは、柿沢氏や秘書らが複数の江東区議に配ったとされるカネが、区長選と同時期に行われた区議選の陣中見舞いだったのか、それとも木村氏を当選させるための工作資金だったのか、という点だ。当然ながら、後者であれば重大な公選法違反(買収)に該当する。

 東京地検特捜部は柿沢氏サイドが作成した「現金配布リスト」を入手し、実際に現金を受け取った区議らから任意で事情を聴いているとされる。疑惑解明に向けた特捜部の本気度は、どれほどのものなのか。全国紙司法担当記者が明かす。

「特捜部はヤル気満々です。11月3日からの3連休中も、柿沢氏の後援者や関係の深い都議らに、軒並み事情聴取の要請が入ったくらいですから。特捜部は柿沢氏らによる現金の配布が今年2月から始まっていたことを確認しており、『4月に行われた区議選の陣中見舞い』という柿沢氏の説明が理屈に合わないことを見抜いています」

 しかも東京地検特捜部には、この事件を是が非でも立件に持ち込みたい切実な理由が存在すると、この司法担当記者は指摘するのだ。

「特捜部は河合克行・案里夫妻による選挙買収事件に際し、カネを受け取った広島市議らに対する供述誘導問題で、世間の批判を浴びました。買収の規模こそ違うものの、その河合事件と全く同じ構図にある柿沢事件はまさに、特捜部にとって『汚名返上』の絶好の機会なのです。国会議員には国会会期中の不逮捕特権が付与されているわけですが、場合によっては許諾請求という伝家の宝刀を抜いて、今臨時国会中の電撃逮捕に踏み切る可能性も出てきました」

 鬼の特捜では今、前法務副大臣逮捕のカウントダウンが始まっている。

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから