芸能

小嶋陽菜 祝AKB48卒業!過去と未来の活躍を徹底調査!(3)共演者も絶賛する魅力とは?

20160714s3rd

 15年発売の写真集「どうする?」(宝島社)では、「ホテルでの密会」をテーマに、黒レースのアンダーウェアが真っ白な美しいヒップに食い込むショットやシャワーシーン、ベッドでの扇情的なカットも披露した。スリーサイズは非公開だが、みずから「Dカップ」と明かすバストはメンバー間からも羨望の声が上がるほど。大島優子が公演中に、

「私がマシュマロボディを触らせていただきます!」

 と、ステージ上で小嶋の衣装の間から手を入れてバストを揉みしだき、

「マシュマロおっぱい、すごい! プリンをナマでつかんだみたい!」

 と絶叫したこともある。

 15年には「OPPAI選抜」センターとしてパフォーマンス。おっぱいイジリに関しては、もはやNGはないようだ。バラエティ番組でも篠田麻里子(30)と野呂佳代(32)が、

「陽菜の場合は(乳首が)出ているからね、常にね。ワンピースの間から出ているんですよ。すごくキレイです」

 と明かし、峯岸みなみ(23)に「乳首は桜色」と暴露されたこともある。

 極め付きが下着ブランド「ピーチ・ジョン」のCMだ。

 ドレスを着てパーティに出かけリムジンから降り立つこじはる。ところがドレスが車のドアに引っ掛かってスルリと脱げて、黒いブラとパンティだけのあらわな姿に。それでも小嶋はニッコリと、「まっいいか、だってワークブラをつけてるし」と、堂々とポーズを取るというものだ。

 このセクシー路線は露出ばかりか、発言にも及ぶ。小嶋がレギュラー出演を続けてきた「有吉AKB共和国」(TBS系)では、「チンチン電車」を連呼したことがある。

「競馬番組で共演しているおぎやはぎの小木も小嶋にぞっこんで、コトあるごとに『あの子はエロい』『芸能界でいちばんエッチしたい人』『AKBはこじはる以外、全員ブス』『不倫するなら小嶋だ』と発言しています。小嶋も『光栄です』とサラリと返していましたね」(テレビ誌記者)

 小嶋の舌はエロだけではなく“毒”も含んでいる。

「初回総選挙では号泣メンバーが続出したのですが、こじはるは『もともとAKBってそういうもの』と、身も蓋もない発言をして周囲を凍りつかせた」(芸能ライター)

 これまで「AKBは病んでる子多すぎ」「HKTはブスばっかってこと?」「しゃべらなくても、ちょっと映ってカワイイと思われればいいや」など、“迷言”を残してきた。しかし、秋元康氏だけでなく劇場支配人などのスタッフは、口をそろえて小嶋を「天才」と評する。

 “エロ推し”な小嶋だが、意外にも表立って恋愛スキャンダルが発覚したことはない。毎年、誕生日パーティを、男性従業員がストリップになるサパークラブで開くなど、セレブな生活を謳歌しており、しばらく落ち着く様子はなさそうだ。三十路へと熟す小嶋の、さらなるエロス進化に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発