芸能

劇団ひとりもびっくり?「ゴッドタン」が12年目でもまだ無名番組だった!

 劇団ひとりとおぎやはぎが司会を務め、土曜深夜にもかかわらず業界視聴率はトップクラスとの呼び声も高いバラエティ番組の「ゴッドタン」(テレビ東京系)。同番組からスピンオフした音楽イベントの「マジ歌選手権」は日本武道館を経て、昨年には横浜アリーナを見事満員にしてみせた。

 そのゴッドタンは07年4月にスタートし、いまや12年目という長寿番組でもある。ところがその人気番組が、いまだに世間にはあまり知られていないというのだ。これはいったいどうしたことなのか。

「番組の名物プロデューサーとして知られる佐久間宣行氏が2月17日、《しかし番組開始から12年たっても、「ゴッドタン」っていう番組名、「ゴットタン」って間違えて色んなところに書かれるんですね》とツイートしたのです。しかもSNSなどのネット上ならともかく、《取材記事とかでも。いまだに2割くらいの確率で間違えられる》のだとか。佐久間氏は自虐的に《番組名が悪い。よく続いてんな》とつぶやいてましたが、こんな簡単な番組名がそんな頻繁に間違えられるとは驚きですね」(テレビ誌ライター)

 確かにツイッターで“ゴットタン”を検索してみると、一部のメディアが誤った番組名で紹介しているのに加え、番組にゲスト出演したタレントさえも間違ってツイートしていることが判明。さらにネット検索回数を比べると、佐久間氏の言う2割どころか時には3割以上も“ゴットタン”で検索されているようだ。

 似たような誤りにはホットドッグをホットドックと間違える例もある。こういった間違いはなぜ発生するのか。アメリカ在住歴のあるライターが指摘する。

「これはおそらく、発音のしにくさが原因です。正式名称の『ゴッドタン』では、ドとタの発音で舌の動きが微妙に異なり、これが意外に面倒くさい。それを『ゴットタン』にすると同じ舌の動きを繰り返すだけなので簡単になります。また、『ゴッドタン』では“ド”(do)の母音をしっかり発音しないとなりませんが、ゴットタンだと“ト”の母音を発音せずに子音の“t”だけで済ませられるので、口の動きが楽にできます。こういった複雑な発音を避ける傾向は若い人に多く、今後はむしろ間違えられるケースが増えていくかもしれません」

 たとえ発音や表記が間違えられようともゴットタン、もといゴッドタンの業界人気に変わりがないことは確かだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「アイ・アム・冒険少年」露骨過ぎる“Snow Man推し”が大不評!
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃