芸能

夫の「雇用調整金を不正受給」問題はどうした…アンミカ「ダンマリご意見番」の逃げ切り勝ち

「まさに逃げ切り勝ちでしょうね」

 芸能関係者がそう言って苦笑いするのは、タレント・モデルのアンミカのことだ。テレビCMのほか、朝の情報番組「DayDay.」(日本テレビ系)で火曜コメンテーターを担うなど、モデル以外の仕事で頻繁に登場している

 2021年に実業家の夫セオドール・ミラー氏の会社が雇用調整助成金を不正受給しているとの疑惑が浮上。当時、ご意見番を務めていたレギュラー番組では「本当にお騒がせしております。夫の会社のことなので詳細は把握できていない」と弁明した。ところが以降は一向に説明することなく、やり過ごしたままだ。テレビ関係者が言う。

「キレ味鋭いコメントで人気が出たわけですが、疑惑が出たあたりからコメンテーター業を控え、タレント業に集中していた時期がありました。ダンマリを決め込み、『夫の問題』が忘れ去られた頃に、元の『ご意見番』の立ち位置にシレッと舞い戻ってくるあたり、さすがの処世術といったところでしょう」

 それが冒頭のコメントの理由なのである。

 逆境をはね返す力は、これまでの壮絶な人生経験から学んだことなのかもしれない。幼少期は長屋の四畳半で7人暮らし。自宅は2度の火災に遭うなど、極貧生活を送った。高校生の時に母を亡くし、家計を助けるためにモデルに応募。1993年にパリコレに初参加すると、そこから化粧品プロデュースなどで名を馳せた。

「ポジティブさがウケていて、叩かれても挫けないメンタルの強さを持っている。クセがあるためアンチも多いですが、本人はどこ吹く風。ギャラの安さと、おしなべてソレっぽいことを言える使い勝手のよさ、共演者との距離感の近さから、業界人の評価は高いですよ。通販やプロデュース業でも稼ぎまくり、高級マンションに住居してセレブ生活を送っています」(前出・芸能関係者)

 時間は経過したが、「ご意見番」である以上はコメンテーターとして、自身に降りかかった問題についても、しっかり説明をすべきではなかろうか。

(佐藤恵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化