スポーツ

石川佳純、卓球ブーム到来で見せた「Tリーグにかかって来い!」闘志

 石川佳純らの活躍で卓球人気が急上昇している。先に行われた「世界卓球2018 女子団体戦」の決勝戦では深夜ながら17%強のテレビ視聴率も弾き出したそうだ。

「国内の試合会場でも大入りが続いています。石川、みうみま(平野美宇、伊藤美誠)の有名選手が出場する日は、チケットの入手も困難になるほど」(体協詰め記者)

 まさに卓球ブーム到来だが、日本卓球協会の表情は晴れない。国内選手がナンバー1を目指して戦う「Tプレミアリーグ」が盛り上がってこないからだ。

「Tプレミアリーグは今年10月から始まります。中国の国内リーグのように将来はプロ化する予定で、中国など外国の選手も招待されます」(前出・体協詰め記者)

 これまで、石川たちは中国リーグに行き、武者修行を続けてきた。しかし、その中国リーグが方針を一変させ、日本を始めとする外国籍の選手を排除してしまった。その影響だろう。中国リーグ行きが適わなかった石川たちがTリーグ参戦を決め、台湾、欧州などの強豪選手も「中国リーグに行けないのなら」と、日本行きに興味を示し始めたのだ。

「石川は中国リーグ行きを断られた際、所属マネジメント会社を通じて再三のお願いをしていました。最後は『しつこい』とまで言われて…」(関係者)

 先の団体戦にしてもそうだが、卓球のトップは中国でも、他の国際大会で石川たちに敗れた中国選手もいる。彼らがリベンジするには、日本のTリーグに参戦するしかない。石川は「日本にかかって来い」と態度を変えた。この勢いでTリーグも盛り上がっていけばいいのだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール