スポーツ

石川佳純、卓球ブーム到来で見せた「Tリーグにかかって来い!」闘志

 石川佳純らの活躍で卓球人気が急上昇している。先に行われた「世界卓球2018 女子団体戦」の決勝戦では深夜ながら17%強のテレビ視聴率も弾き出したそうだ。

「国内の試合会場でも大入りが続いています。石川、みうみま(平野美宇、伊藤美誠)の有名選手が出場する日は、チケットの入手も困難になるほど」(体協詰め記者)

 まさに卓球ブーム到来だが、日本卓球協会の表情は晴れない。国内選手がナンバー1を目指して戦う「Tプレミアリーグ」が盛り上がってこないからだ。

「Tプレミアリーグは今年10月から始まります。中国の国内リーグのように将来はプロ化する予定で、中国など外国の選手も招待されます」(前出・体協詰め記者)

 これまで、石川たちは中国リーグに行き、武者修行を続けてきた。しかし、その中国リーグが方針を一変させ、日本を始めとする外国籍の選手を排除してしまった。その影響だろう。中国リーグ行きが適わなかった石川たちがTリーグ参戦を決め、台湾、欧州などの強豪選手も「中国リーグに行けないのなら」と、日本行きに興味を示し始めたのだ。

「石川は中国リーグ行きを断られた際、所属マネジメント会社を通じて再三のお願いをしていました。最後は『しつこい』とまで言われて…」(関係者)

 先の団体戦にしてもそうだが、卓球のトップは中国でも、他の国際大会で石川たちに敗れた中国選手もいる。彼らがリベンジするには、日本のTリーグに参戦するしかない。石川は「日本にかかって来い」と態度を変えた。この勢いでTリーグも盛り上がっていけばいいのだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」