芸能

内容が薄く視聴者離れが加速?草なぎ剛、ユーチューバー転身を残念がる声急増!

 元SMAPの草なぎ剛が昨年10月末に自身の「ユーチューブチャンネル」を開設して1年が経った。開設翌月には62万人超のチャンネル登録者数を得て、新人ユーチューバー年間ランキングの1位となり“元国民的アイドル”としての体裁を保ったが、その後はどうなったのか?

「現在、チャンネル登録者数は85万人。連日、10分前後の動画をアップしていますが、視聴数10万回を超えない動画も多いのが現状。SMAP時代からのファンが一応登録はしたものの、その物足りない内容に視聴者が離れていることは明らかです。テレビCMの契約が増えていることから、ジャニーズ独立後の順調な仕事ぶりが伝えられていますが、活路を見出したはずのネット進出はまだ成功しているとは言えません」(芸能記者)

 動画を見てみると、確かに物足りない。というか、何とも情けない気持ちになってくるという評判も。

「ニンテンドーLABOやスライムやドローンでのお遊び企画など、HIKAKINをはじめとする有名ユーチューバーらがやった企画の焼き直しが多く、あとは料理とペットネタとありきたり。一大覚悟のもとジャニーズ事務所を退所したからには、時に44歳の大人のタレントとしての姿を見せてくれるのかと思いきや、むしろ子供返りしたかのような姿。“草なぎが楽しそうならそれでいい”というファンもいるかもしれませんが、失望している人も多いようです」(前出・芸能記者)

 ただ、未見の人には、とにかく一度見てみることをオススメしたい。おもしろくなさすぎて、逆に味わい深くなってくるかも!?

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬