芸能

博多華丸、ハリセンボンはるかを泣かせた後にさらに「追い討ち」かけていた!

 12月1日放送の「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(テレビ東京系)での華丸の言動に批判の声があがっている。

 この日ゲスト出演したお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜は番組の終盤で「今までにない放送になっております」と言っていたが、ネット上では華丸が春菜の相方である箕輪はるかに「パワハラ発言を繰り返したため、はるかが泣いてしまった」「はるかが華丸にパワハラされて泣かされた」などと指摘されているのだ。

 番組では、華丸と春菜がそれぞれビールやレモンサワーを飲みながらトークを交わす中、はるかはジンジャーエールやアイス抹茶などの清涼飲料水を注文。どんどん酔いが進んでいく華丸は、「問題ははるかやな」と前置きし「もう満足してそうやしな。別にないやん、野心」と指摘した。

 はるかが「そうですね」と受け止めた後「この歳まで生きて来られるとは思ってなかった。十分です私は」と答えると、華丸は「十分じゃないよ」と即否定。

 その後も華丸は「何かしないと…しなさすぎなんだよ、生きてるくせに」「あなた(はるか)みたいになりたくって、頑張ってもがいている若手芸人がどんなにおるか」「厚み、厚み。(はるかには)薄みしかないから」「キラキラした目ぇしやがって。一丁前に」「目は生きてる。コメントは死んでるのに」などと暴言を連発したのだ。

 そして、はるかが春菜を誘ってコンビを組んだとの説明を聞いた華丸が「はるかから声かけることがあるわけ?そういうタイプ? 生涯“受け身”とオレは思ってたよ」と言ったのをきっかけに、はるかは笑顔のまま涙をポロポロ。すかさず春菜が「ちょっと、はるかが泣き出したんですけど」とツッコミを入れるも、はるかの涙は止まらなかった。「なんかすごい、厳しく言われるなと思って」と涙の理由を説明するはるかに対し、華丸は、「えっ、ウソ、泣かせるようなこと言った?」と驚いた様子を見せたものだった。

「『先輩にそんな…』『ずっと抑えてたんですけど…』と、涙しながらも笑顔を崩さなかったはるかに胸が痛みました。いくら吉本興業の先輩後輩で、お酒が入っていたからといって、華丸は先輩風を吹かし過ぎでは」(テレビ誌ライター)

「涙が出るってことは、痛い所ついてるってこと」とはるかに向かって追い討ちをかけていた華丸。はるかが泣いていたことに動揺している様子も見せたものの、内心では懲りていなかったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権