女子アナ

田中みな実、初写真集発売で迎えた男女の営み解禁Xデーまでの桃色舞台裏!

 ファースト写真集が異例の初版12万部で大台20万部突破も射程圏という、田中みな実。すでにフリーアナの領域を軽々と突破!令和元年に爆誕した新・艶っぽクイーンの一挙手一投足が様々に注目された一年だったが、今回の写真集発売を機にこれまで封印していた「三禁生活」を解くという情報をいちはやくキャッチしたのは12月10日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

 芸能評論家もそのボディをこのように高く評価する。

「本人最初で最後の写真集というだけあり、出し惜しみがありません。たっぷりと豊穣な“渓谷”、切れ上がったヒップのお肉、日頃の美肌生活の賜物で、ほどよい肉付き、30代とは思えないみずみずしい肌を保っています。爆裂バストは苦手、微胸では物足りない、という“身の丈美バスト派”の諸兄に幅広く支持を集めそうです」

 さらに女性誌記者が語る。

「みな実ちゃんは、仕事よりも恋愛至上主義で、しかも徹底的に相手に尽くす一方で、男にも完璧を求めてしまうタイプ。そのため、痴話ゲンカして闇キャラになると、“ストーカー”みたいになってしまうほど。これは自分でも制御することができないとか。藤森慎吾(36)との関係は別れた後も長い間引きずっていたのはあまりにも有名。今年は初の写真集の出版もあり、よけいな雑音が入らないようにと恋愛を封印。ようやく13日に写真集が出ることで、プライベートもGOサインが出ることになりそう」

 つまり今後は究極の「プライベート」、すなわち男女の夜の営みが解禁されるとあって、またぞろ、新たな相手探しに奔走しそうな気配なのである。そんな彼女が写真集撮影に際して、みずからに課してきた、「三禁」とは何だったのか──。そのすべてが12月10日発売のアサヒ芸能12月19日号で詳報されている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」