芸能

「モー娘。」、15期メンバー顔見世ライブでアノOGメンバーがイジられまくった!

 12月5日、「ハロー!プロジェクト」の人気アイドルグループ「モーニング娘。’19」のライブ「モーニング娘。’19コンサートツアー秋~KOKORO&KARADA~FINAL」が、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

 来年、グループ名をモーニング娘。’20(トゥーゼロ)に変えて、約7カ月ぶりにリリースされる「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」を初披露。待望の新曲にファンは七色に発色するペンライトを振りながら声援を送った。

「ここ数年、年に2~3作のペースで新盤をリリースしてきましたが、19年は6月の『人生Blues/青春Night』のみ。6月に加入した15期メンバー3人を加えた14人体制初のシングルリリースになります。約3カ月にわたるツアーを経て新メンバー3人の成長を感じることができました」(スポーツ紙記者)

 今回のツアーから参加した15期メンバーの北川莉央、岡村ほまれ、山崎愛生(ゆめ)の3人は新人恒例の「好きな先輩」を披露。初々しくも、「さすがはハロプロ」と言わしめる安定感のある歌声でファンのハートをわしづかみにした。

 これを受けて、11期メンバーの小田さくらは、後輩たちの成長を見て「泣きそうになった」と感慨にふけるシーンを見せたが、突如、あるOGメンバーのモノマネ大会に突入した。

 小田が「工藤遥さんなんて、『小学6年生の11歳です』って自己紹介してくれていたのに…」と、工藤の特徴を捉えた話し方で当時を懐かしむと、続いて、工藤と同じ10期メンバーの佐藤優樹は加入当初に「出身どこ?」と聞かれ、工藤だけが出身地ではなく「ハロプロエッグ!」と誇らしげに答えていたというエピソードを話して会場の大爆笑を誘った。

 17年にグループを卒業しながらも、メンバーやファンに愛されながらもネタにされる工藤遥。特撮テレビドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)のルパンイエロー役で一躍お茶の間にその顔を広めるや、今年の10月には、舞台「魔法使いの嫁」では主演を務めるなど女優業の活躍著しい。

 モー娘。ファンたちは今後の「くどぅー」のサプライズ出演を熱望している!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?