芸能

“マスコミに逆ギレ”石田純一に「路上で他の車に怒鳴りつけた過去」ナマ証言!

 自粛期間中の沖縄ゴルフ旅行や新型コロナ発症で世間に叩かれた石田純一が、またもや不用意な行動で反発を招いている。6月9日発売の写真週刊誌「FLASH」では、若い女性との飲み会を楽しんだ石田がマスクも着けずに帰途についていたと報じた。

 そして6月18日発売の「女性セブン」では、飲み会について石田に直撃。すると石田はマスコミのせいでCMが飛んだと主張し、「おれがいったいなにをしたっていうんですか?」と“逆ギレ”。しまいにはつるし上げや集団リンチみたいだと、マスコミに責任転嫁したというのである。

「この言葉に、ドライブ中の石田に絡まれた経験を思い出しました」と語るのは、週刊誌のベテランライターだ。

「もう20年くらい前のことでしょうか。自動車での移動中に首都高速の新宿入口から4号新宿線に入ろうとしたところ、前を行くフェラーリが合流部で急停止。思わずクラクションを鳴らしたところ、本線に入ってからそのフェラーリに並走され、ドライバーが窓を開けてこちらに怒鳴ってきたのです。そのドライバーがまさに石田純一で、相当な勢いでガチ切れの様子。同乗していたカメラマンに『撮って撮って!』と指示を出し、カメラを取りだしたところで、そのフェラーリは速度を上げて去っていきました」

 この新宿入口は合流部の加速車線が短く、タイミングよく進入しないと立ち往生してしまうこともある難所。それでも交通の流れをよく見ていれば、ほとんどの場合はすんなりと合流が可能で、同ライターも車の流れをしっかりと確認していたので、まさかフェラーリが急停止するとは思いもよらなかったという。

「石田としてはクラクションを鳴らされたのがよほど不満だったのでしょう。しかしあれほどの有名人がわざわざこちらに車を横付けし、窓を開けて怒鳴りつけてきたのは驚きでした。あれが首都高速でなく一般道だったら、こちらも路肩などに車を止めて石田の言い分を聞けたのにと思うと、実に残念です」(前出・週刊誌ライター)

 あえて石田の味方をすれば、左ハンドル車ゆえに首都高速の合流部では後方確認が難しかったのかもしれない。ともあれ、一般人にもガチ切れする姿は、テレビでは見られない一面のようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
5
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!