芸能

“マスコミに逆ギレ”石田純一に「路上で他の車に怒鳴りつけた過去」ナマ証言!

 自粛期間中の沖縄ゴルフ旅行や新型コロナ発症で世間に叩かれた石田純一が、またもや不用意な行動で反発を招いている。6月9日発売の写真週刊誌「FLASH」では、若い女性との飲み会を楽しんだ石田がマスクも着けずに帰途についていたと報じた。

 そして6月18日発売の「女性セブン」では、飲み会について石田に直撃。すると石田はマスコミのせいでCMが飛んだと主張し、「おれがいったいなにをしたっていうんですか?」と“逆ギレ”。しまいにはつるし上げや集団リンチみたいだと、マスコミに責任転嫁したというのである。

「この言葉に、ドライブ中の石田に絡まれた経験を思い出しました」と語るのは、週刊誌のベテランライターだ。

「もう20年くらい前のことでしょうか。自動車での移動中に首都高速の新宿入口から4号新宿線に入ろうとしたところ、前を行くフェラーリが合流部で急停止。思わずクラクションを鳴らしたところ、本線に入ってからそのフェラーリに並走され、ドライバーが窓を開けてこちらに怒鳴ってきたのです。そのドライバーがまさに石田純一で、相当な勢いでガチ切れの様子。同乗していたカメラマンに『撮って撮って!』と指示を出し、カメラを取りだしたところで、そのフェラーリは速度を上げて去っていきました」

 この新宿入口は合流部の加速車線が短く、タイミングよく進入しないと立ち往生してしまうこともある難所。それでも交通の流れをよく見ていれば、ほとんどの場合はすんなりと合流が可能で、同ライターも車の流れをしっかりと確認していたので、まさかフェラーリが急停止するとは思いもよらなかったという。

「石田としてはクラクションを鳴らされたのがよほど不満だったのでしょう。しかしあれほどの有名人がわざわざこちらに車を横付けし、窓を開けて怒鳴りつけてきたのは驚きでした。あれが首都高速でなく一般道だったら、こちらも路肩などに車を止めて石田の言い分を聞けたのにと思うと、実に残念です」(前出・週刊誌ライター)

 あえて石田の味方をすれば、左ハンドル車ゆえに首都高速の合流部では後方確認が難しかったのかもしれない。ともあれ、一般人にもガチ切れする姿は、テレビでは見られない一面のようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?