芸能

池田エライザのGカップバストを水溜りボンドのカンタが独占できた“決め手”

 女優の池田エライザに一大スクープだ。7月31日発売の写真週刊誌「FRIDAY」にて、人気YouTuberコンビ「水溜りボンド」のカンタと半同棲していると報じられたもの。FRIDAYの取材に対してカンタは「僕の口からは何も言えないです」と言葉を濁しており、どうやら半同棲は事実のようだ。

「記事によると、昨年5月に公開されたエライザの主演映画『貞子』に水溜りボンドがゲスト出演したことをきっかけに交際を始めたとか。水溜りボンドはスタッフと共に“水溜りハウス”と呼ばれる一軒家で共同生活していましたが、昨年12月にカンタとトミーそれぞれがひとり暮らしすると発表。これもエライザとの交際をきっかけにカンタが愛の巣を求めたからかもしれません」(芸能ライター)

 この交際報道に水溜りボンドのファンからは<トミーじゃなくてカンタなの!?><待って、心の準備ができていない>との戸惑いが続出。大柄でイケイケ風のトミーではなく、169センチの長身を誇るエライザより2センチ小さいカンタがお相手なことに、驚きを隠せないファンが多いようだ。

 そんなカンタがエライザの魅力でもあるGカップバストを独り占めしているのかと思うと辛抱溜まらん感じだが、二人のプロフィールをよくよく確認してみると、エライザがカンタをお相手に選ぶのは納得だというのである。芸能ライターが続ける。

「カンタの本名は佐藤マイケル寛太で、両親ともに日本人ですがマレーシア生まれなのでミドルネームを持っています。幼少時はシカゴに住んでおり英語にも堪能です。一方でエライザは母親がスペイン系フィリピン人で、本人もフィリピン生まれ。ハーフタレントというくくりでは活動していないものの、英語力を磨くために母親と英語で会話をするといった一面もあります。そのように国際派の二人ゆえ波長が合う面は十分にありそうです」

 そんなバックグラウンドに加えて、二人のメインフィールドである映像分野に関しても、エライザがカンタに心を惹かれるポイントがあるというのだ。

「エライザは23歳にして映画監督に挑戦し、初監督作の『夏、至るころ』は韓国の全州国際映画祭に正式招待されています。一方でカンタは編集技術に磨きをかけており、テロップが重力に従って落ちていくといった実験的な作品にもトライ。ストイックな性格で編集に打ち込んでいると評判です。そんなカンタの姿にエライザが惚れ込んだのではないでしょうか。エライザは外に出ることがあまり好きではないとインドア派を自称していますし、二人で映像についてあれこれ話し込むのが彼ら流の交際術なのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 そのうち水溜りボンドのYouTube動画に池田エライザがゲスト出演することを、ファンも期待していることだろう。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」