芸能

新山千春、20年ぶりグラビアで注目「大きくなりすぎ」四十路バストのド迫力

 2月22日発売の写真週刊誌「FLASH」で、20年ぶりとなる本格グラビアを披露した、新山千春。

「7ページにわたるグラビアは、冒頭から生まれたままの姿を思わせるバックショットを披露。初となるランジェリーでは弾けるようなプリンプリンのヒップをこちらに向け、誘う表情を見せる艶たっぷり。彼女の上半身を捉えた肌にピタピタな素材のヘソ出し長袖ショットでは、DカップからFカップはあろうかというパンパンのバストのラインを拝むこともでき、この1月で40歳を迎えた彼女の魅力をふんだんに盛り込んだ仕上がりになっています」(芸能ライター)

 ネット上ではそんな新山のボディに《ぜんぜん抱ける》《本当に男をソソらせるカラダつきしてる》《ここまで大胆になれるとは自身があるんだな。でも確かに四十路とは思えない完璧スタイル》などといった声に加え、胸についても《こんなに大きくなっちゃって…》《若い頃は小さかったイメージ。イヤラしいバストになったなあ》との指摘も相次いでいる。

「確かに、グラビア活動に積極的だったデビュー当時の彼女のバストは決して大きいとは言えず、Bカップ程度だった記憶があります。それが妊娠、出産を通して、スレンダーからグラマラスへと一気にボディ変革が起き、バストがみるみる大きくなりましたね。最近では昨年10月、自身のYouTubeチャンネルで『アラフォー・アラサーオンナをアゲる3コーデ』と題して披露したベージュのニット姿でも、これでもかというほど大きなバストラインを見せ、《こんなに大きかったのか!》と視聴者を仰天させています」(ネットウオッチャー)

 新山は14年に元巨人の黒田哲史(現・西武コーチ)と離婚しているが、“ぜんぜん抱ける”だけに、果たしてそのバストを今後、どんな男がモノにするのか気がかりである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”