芸能

ムロツヨシ、「あさイチ」近江友里恵ラストに登場で“ブーイング”続々のワケ!

 俳優のムロツヨシが3月5日、NHK「あさイチ」に出演。コント「サスペンダー王子」を生披露した。

 この日、番組ではNHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」でムロが披露した“サスペンダー王子”の映像を放送。視聴者からこの日が「あさイチ」最後の出演となった近江友里恵アナを笑わせるよう求められたムロは「近江さんに幸あれ。幸あれ…。幸…。さっさささっささサスペンダー!」と、上着の下に仕込んでいたサスペンダーをパチンとさせ、ギャグを披露。近江アナを大爆笑させた。

 これには視聴者も大喜び。「ムロなんかやってくれると思ってたけど、やっぱりサスペンダー仕込んできてたな。めちゃ笑ったわ」「完全にサスペンダーやる気満々だったね。うまくNHKのコントでまとめたな」「近江アナも大爆笑しててほっこりした。いい門出になったんじゃないかな」などと、大きな反響を呼んでいたのだが、一方でこの演出を“台無し”と捉えた視聴者も多かったようだ。

「ネット上では『またムロが調子に乗ってる』『正直、近江ちゃんの最後の日にムロはないだろと思った。途端にやかましくなって情緒もへったくれもない』『ムロツヨシつまんないし、どんどん苦手になっていく。面白くないのにアピールしすぎなんだよな』と大ブーイングが起きていました。演出家の福田雄一氏が手掛ける作品に多く出る、いわゆる“福田組”のムロと佐藤二朗は、笑いもできる役者として映画にドラマ、バラエティーに引っ張りだこ状態ですが、最近は2人まとめて“飽きた”との声が急激に増えつつあります。人気者の宿命とも言えますが、キャラが濃い2人なだけに、テレビ的にはピークを過ぎつつあるのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 ムロにいたっては、先ごろ「週刊女性」に業界内での“天狗”ぶりが報じられるなど、ネガティブな捉えられ方が出始めている。そんな中、今回もムロの登場を不快に思った近江アナファンは少なからずいたようだが、ムロは、今後うまくアンチが増えすぎないようにバランスをとっていけるか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」