スポーツ

白鵬、「全勝」七月場所後に北青鵬とのぶつかり稽古で起きた“異変”とは!?

 2021年七月場所(名古屋場所)10日目、目標にしていた10勝に到達した白鵬は、この時、引退の2文字を考えるようになった。

改めて白鵬が、しみじみと語る。

「右ひざは限界を超えていました。その中で15戦全勝を達成できたことは、まさに奇跡に近い一番一番でした。それは今まで相撲に打ち込んできたことへの神様がくれたプレゼントだという気がしてなりません」

 この七月場所で果たした奇跡の復活劇を含めた白鵬の、相撲とともに歩んだ半生の真実が語られる同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」が「週刊アサヒ芸能」で連載中だが、その第1巻「英雄の子」も発売中。オビの文言「確かに私にもいつか終わりは来るでしょう。それが半年先あるいは1年先なのか、いや明日かも知れません」も反響を呼んでいる。

 ともあれ、突然ともとれた「引退劇」の余波が収まらぬ中、連載中の「白鵬本紀」第23番は、全編、「ただいま現在」をモチーフにした特別編をお届けする。

─2021年七月場所終了後、弟弟子たちと稽古で、汗を流している時、その“異変”は起こった。

 仕上げのぶつかり稽古の時、この九月場所に新十両の土俵に上がるはずの北青鵬(ほくせいほう)に、白鵬が促す。

「北青鵬(アリューナー)来い!!」

「オッス!ごっちゃんです!!」

 声とともに、白鵬にぶつかる北青鵬。いつもは、たちはだかる壁であつた白鵬。だがしかし、ここで、白鵬は、一気に押し込まれことになるのである。

「踏ん張って…残りたくても…残せないのが現実でした!」(白鵬)

 ついに、その時は来たのである。稽古場に一人座る白鵬に感謝を伝える宮城野親方。そして、あの「昭和の角聖」からの労いの言葉が…。「白鵬本紀」第23番「白鵬のいちばん長い日」は、10月12日発売の「週刊アサヒ芸能」10月21日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴