社会

大阪アメ村で”大麻もどき”ドラックが大流行中 警官の前で若者が堂々と幻覚トリップして…

 大阪・ミナミのアメリカ村で、脱法ドラッグの一種とされる「合法ハーブ」の蔓延が問題化している。健康への悪影響が指摘されているが、現行法では所持や吸引は禁じられておらず、当局も手をこまねいている。
「アメリカ村は以前から薬物との距離が近い街でした。東京の渋谷より狭い地域に約20のクラブがあり、外国人などから大麻を譲り受けるケースが多かった。路上で通行人が購入を持ちかけられることもありましたからね」(社会部デスク)
 大麻吸引にも使われる水パイプなどの喫煙具を販売する店もあったが、「観賞用」として売られているため、取り締まることができなかったという。1年ほど前から「合法ハーブ専門店」などと看板を掲げた店舗が急増、一帯で少なくとも10店が確認されている。1㌘当たり1000~3000円と価格が手頃なこともあり、使用者の大半は10~20代の若者だという。
 厚生労働省によると「合法ハーブ」は、大麻や覚醒剤の成分に似た化学物資を茶葉などに付着させたもの。日本では10年ほど前から広がり始めた。吸引すると興奮したり幻覚症状が出たりする場合もある。
「ネットショップや店舗でも気軽に購入できます。都内でも渋谷、池袋、新宿などに『合法ハーブショップ』が点在しますが、最近では地方へも急速に拡大しています」(実話誌ライター)
 吸引目的の販売は薬事法で禁止されているが、どの店も「お香」などと表示しているため警察も容易には取り締まれない。それを知ってか、交番の前で堂々と吸う若者もいる始末だ。
「ハーブ販売店では、常連客がベンチに座って吸引しながら談笑している姿も見られます」(社会部デスク)
 前出・実話誌ライターによると、今年の8.9月にかけて、特に販売量・販売額がともに増えたという。
「10月20日の改正薬事法施行を前に各業者が〝投げ売り〟していたんです」
 今回の改正では、新たに6種類の化学物質が規制対象となった。そのため、ほとんどの「合成ハーブ」が成分変更を迫られ、各業者は既存商品の在庫一掃に走ったという。
「さらに、未規制の合成物質に切り替えた商品が一斉に供給されました。怖いのは新商品に添加されている化合物の正体について、販売者でさえ正確なことを知る者は少ないということ。新規物質によって引き起こされる、予測できない健康被害が起きなければいいのですが‥‥」
 規制を強める当局と、くぐり抜ける業者との「いたちごっこ」が引き起こす新たな危険。関西の若者たちのモラルも問われる事態となりそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?