芸能

2012年芸能人カレンダー市場に異変

 そろそろ2012年用のカレンダーも出そろう季節。中でも、今年は売れ筋のタレントに〝異変〟が起きているという。カレンダー業界関係者が解説する。
「今年は〝お天気お姉さん〟の人気が復活しているんです。AKB48で予約数1位で〝センター〟を張ったのは、総選挙第3位の柏木由紀でした。柏木も『ひるおび』(TBS系)の天気予報を担当していたことからあらためて人気がクローズアップ。他にも、正統派お天気お姉さんの共演がまぶしい、『NHK気象予報士カレンダー』はメンバーが大幅に入れ替わったこともあって、今年も昨年以上にバカ売れです。『めざましテレビ』(フジテレビ系)の長野美郷、『朝ズバッ!』(TBS系)の美馬怜子、元お天気キャスターの皆藤愛子も依然として根強い人気ですね」
 以前から、お天気お姉さんは、毎日、同じチャンネルを見続ける視聴習慣とも重なるだけに、一定の人気を保ってきた。しかしここにきて、ブームが再燃したのはなぜだろうか。「今年は地震、津波、台風、洪水と自然災害の一年でした。そういうこともあって確実に天気予報を見る機会が増えた。そこでお天気お姉さんの注目度がガゼン高まったのではないでしょうか」(テレビ関係者)
 また、定番とも言える女子アナの人気も相変わらずのようだ。
「中田有紀、杉崎美香、八田亜矢子などを擁するセント・フォースは、所属する女子アナ7人が2週めくりで登場するカレンダーを発売し、品切れ状態です。今年は市川海老蔵と結婚した小林麻央の姿はなく、代わりに姉の麻耶が加わっているのがポイントですね」(前出・カレンダー業界関係者)
 他にも、NHKのサッカー日本代表戦の中継やスポーツ情報番組で一躍人気者になったスポーツキャスターの山岸舞彩のカレンダーも注目されている。
「山岸は初カレンダーですが、もしかしたら今年いちばん売れるかもしれません。写真集の発売がないため、人気は未知数ですが、Gカップとも言われる肉感的なボディと超ミニスカでメロメロになっている男性ファンが激増していますからね」(テレビ関係者)
 一方、癒やし系アイドルとしてこれまで君臨してきた安めぐみ、ほしのあきといった新婚組は難しい局面に立たされている。
「安とほしのは、カレンダーの世界では、トップスターなんです。今年も確実に売り上げ上位に入ってくるはずでした。ところが、2人とも結婚を発表した。めでたいことだけれど、カレンダー業界からすれば、あと少しだけ発表を延ばしてくれていれば‥‥」(前出・カレンダー業界関係者)
 今年はカレンダーも世代交代の年とお見受けしましたが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
中川翔子が大変貌!?リモート出演で「誰だか分からん!」指摘も出た仰天事故
4
有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯
5
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!