事件

海老蔵暴行犯が刑務所で語った怒号肉声 (4) 目が回るほど覚醒剤を注射

 多田氏は黒羽刑務所で、もう一人の芸能人とも知り合ったという。
「電器の部品を作る工場だった。白髪交じりでね、シャブの影響で顔が赤く焼けた男が隣に座ったんだ。『いくつぐらいだ?』って聞いたら『同じぐらいでしょう』って。そうしたら班長が来て『一世を風靡したロックバンドYのSさんだよ』って言うんだ」
 不良臭を売りにしていたSとはいえ、覚せい剤取締法違反の罪で複数回の逮捕歴があるからいただけない。彼もまた、SK同様に多田氏と北関東の刑務所で再会を果たしたそうだ。
「多田さん、何してるんですか?」
「お前こそ、何やってんだ!」
 との会話が交わされたらしいが、まさにSKの時と同じである。
 多田氏がSに関して印象深いのは、覚醒剤への依存ぶりが半端ではなかったことだという。
「Sは覚醒剤を注射器に入れる際について『多田さんなんかは目盛りを守るでしょう』なんて言いやがるんだ。当たり前だよ。普通は注射器に表示された目盛りよりはよけいに入れないわな。ところがSは『入っちゃうんだよ』なんて言って、尋常じゃない量を体に射っていたっていうんだ。そりゃあ、クルンクルン目が回っちゃうよ。それで目立っちゃうから捕まるんだな。あいつの場合は女と別れて落ち込んでいる時、シャブに走る。だからよけいにタガが外れてるんだろう。『調整がわかんねえのか?』って言ったら、『調整するんならやんないほうがいい』だってよ(笑)」
 ちなみに、SKとSの服役時期がかぶっていたことがある。多田氏とSKが図書、Sは中央計算だった。伊藤受刑者の話の際にも触れたが、両作業は同じ部屋で行われる。塀の中で3人が一緒に作業していたというわけだ。
「御飯も3人一緒だった。でも、2人が会話しているのは見たことがねえな。それぞれに芸能人のプライドがあるんだろう。2人は運動会にだって参加しねえからな。さっきも言ったようにな、有名人は静かにしてるもんなんだよ」
 そんな状況下でも、Sは多田氏と悪ふざけで、出所後についてこんな会話をすることもあったという。「いいの(覚醒剤)引けるよ」
「どこから引ける?」
 しかし、お互いの出所後、多田氏がSに連絡を入れたのだが、電話の途中でSの兄に代わったという。
「『どうせ注射器持って来るんだろう! 来るんじゃねえ!』とどなられたよ。Sによれば、昔から兄貴には頭ごなしにどなられまくっていたそうだけど、懲役に行くような弟を心配してたんだろうな」
 そんな身内の思いが伝わって、Sは薬物を断ち切ることができただろうか。それは、来年にまた社会復帰するSKにも課される一生の課題である。
 そして、伊藤受刑者の拳が再び海老蔵を痛めつけるようなこともあってはならないのである。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」