スポーツ

ニッポンの「タブー」大百科(3) スポーツ編 なでしこ「国民栄誉賞」の副賞にプッツン! イチローに「お下がり」が絶対禁句の理由

何かと暗い話題が多かった今年のニッポン。そんな中、スポーツ界だけは明るい話題を提供してくれた。しかし、そんな世界にもダークサイドがあった。
 まずは、本年度スポーツ界のMVPとも言える「なでしこジャパン」。ワールドカップ優勝、そして国民栄誉賞受賞。まさに言うことなしの活躍だが、その「おまけ」で一悶着あった。
 スポーツ紙サッカー担当記者が言う。
「副賞で贈られた化粧筆、『熊野筆』が不評なんです。イベントなどを除けば、ほぼ全員がスッピンで日焼けしている。おめかしして出かけることも少ないので、猫に小判状態なんですよ。協会関係者も、『なぜ、あんなモノを‥‥』と首をかしげている。ある選手に至っては、『タンスの肥やしになっています』なんて言うものだから、タブーすぎて書けません(笑)」
 今年の逆MVPといえば、八百長に揺れた角界。みそぎを済ませた力士のタブーは、さすがに聞こえてこない。
 ところが、角界関係者はこんな話をするのだ。
「女遊びが大好きな関取がいましてね。地方の場所中に、SMクラブに挑戦したんです。すると、隣のプレイルームから『熱い!』という美声が漏れ聞こえてきたというんです。どっかで聞いたことがあるなと思っていたら、プレイ後にばったり、あるNHKのアナウンサーと鉢合わせしてしまったそうなんです」
 年間200本安打の連続記録がとだえたとはいえ、イチロー(38)は日本球界の宝。そして、タブーの宝庫でもある。
「髪型にこだわりがあるせいなのか、とにかく帽子を取った姿を映されることを嫌がるんです。特に、脱帽時の後頭部を撮影されると激怒するため、イチローの後頭部はタブーです」(スポーツライター)
 他に、囲み取材で質問しない記者を許さなかったり、プライベートな質問もタブーになっている。そこに、来年から新たなタブーが加わりそうなのだ。
「日本ハムの来季監督に栗山英樹氏(50)が内定しましたが、その栗山氏の元カノは、現イチロー夫人ではないですか。下世話に言えば、球界の至宝がお下がりをもらったというワケで‥‥来年からは『お下がり』という言葉も、イチローの前ではタブーになりそうです(笑)」(スポーツ紙記者)
 こちらワールドクラス、ゴルフ界のスーパースター・石川遼(20)。賞金を東日本大震災の被災地に全額寄付するなど、相変わらずの好青年ぶりを披露。さらには、恋人の存在まで明らかとなったが、タブーはあった。
 ゴルフ担当記者が話す。
「恋人の存在を暴いた『女性セブン』の記事にも父親のことが書かれているでしょう。あの父親にはホント、閉口しています。無免許運転の一件を報道陣に口止めしたのも父親ですし、何かにつけて高圧的でみんな関わりたくないんです。自宅に直撃取材を敢行した記者は軒並み110番されています。インターホンを押して、父親が『ちょっと待って』なんて普通に応対するかと思いきや、その間に警察を呼ぶ。警察が来たら、『コイツが変な質問するから、胃が痛くなった。傷害です』なんて言いだすんですからね」
 スポーツ界にはこんなワケあり父親の話が多い。プロ野球界においては、今年ブレイクしたあの選手にこんな話が‥‥。
「個性的なフォームで、初のタイトルを取ったAの父は、ダークサイドとのつながりが噂されています。高校生の頃から注目を集めていたAですが、当時の監督は父親からの度重なる付け届けに頭を悩ませていた。むげに断るのも角が立ちそうだし、だからといってマスコミに公になれば、部活動に支障が出る。もちろん、A自身には何の落ち度もないのですが、今も番記者の間では、家族の話がトップ級のタブーになっています」(スポーツ紙プロ野球担当記者)
 タブーの理由は多種多様、人気商売のつらさと言えばそれまでだが・・・・。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」