芸能

川口春奈の手話ドラマ「silent」の撮影現場はちっともサイレントじゃなかった

 20代女性を中心にハマる人が増殖しているのが、川口春奈とSnow Man目黒蓮が共演するドラマ「silent」(フジテレビ系)だ。高校時代にカップルだった2人が突然別れ、その8年後、川口(紬)が再会した元恋人の目黒(想)は聴力を失っていた…という切ないストーリーだ。人気の秘密を、テレビ誌編集者が解説する。

「毎回泣ける脚本、絶妙なキャスティング、主題歌…どこをとっても、間違いなく最高の作品だと言えます。このドラマで、『今恵比寿』という言葉が流行っている。JR山手線で恵比寿の次は目黒駅、つまりジャニーズファン以外に『もうすぐ目黒にハマりそう』という新たな目黒推し女性が激増する現象が起きているのです」

 特に泣けるのが、目黒の手話シーンだという。フジテレビ関係者が、撮影時の様子を明かす。

「このドラマのため、目黒は手話を猛特訓しています。もちろん手話の指導者がついていますが、彼は単に手振りを覚えるだけでなく、その意味をひとつひとつ理解しながらマスターしていったそうです。撮影現場でもひとりで壁に向かい、笑顔も見せずひたすら手話に取り組む姿には、悲壮感すら漂っていますね」

 これに対し、真逆のアプローチで手話を披露するのが、川口なのだという。

「川口は常に誰かにちやほやされたい『かまってちゃん』タイプ。スタジオではいつも前室で誰かとワイワイ喋っていて、そのまま撮影に入る感じです。それでもカメラの前に立つと豹変し、目力の強い演技力を発揮してくれる。手話シーンでは時折、失敗することもありますが、本人は『あぁ~間違えちゃったぁ』と明るく笑っている。その屈託のない素顔に、現場は暗くならないで済むんです。どんなにNGを出しても『今日も楽しかった~』と上がっていく」(前出・フジテレビ関係者)

 NHK朝ドラでは「ちむどんどん反省会」などで酷評されたが、細かいNGなど気にしないはーちゃんは大物?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論