スポーツ

「お嬢様レーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」難易度の高い「気象予報士試験」に興味津々

 今週はボートレース鳴門(徳島県鳴門市)で「SG第25回チャレンジカップ/GII第9回レディースチャレンジカップ」(11月22日【火】~27日【日】)が開催されます。年末の大一番「SG第37回グランプリ」(12月13日~18日/@ボートレース大村)と「GI第11回クイーンズクライマックス」(12月26日~31日/@ボートレース住之江)に向けての最終決戦とあって、選手だけでなく、ファンの方たちも注目の一戦ですね。

 グランプリの出場資格は獲得賞金ランキングの上位18名です。女子で史上初のSG優勝を果たした遠藤エミさん(滋賀、A1級)は11月13日時点で11位と出場圏内。いよいよ女子レーサー初のグランプリ出場が現実味を帯びてきましたね。

 ここは過去4回優勝しているレディースCCではなく、チャレンジカップへ出場。エミさんのカッコいい走りに注目です。

 そして、グランプリ出場をかけた18位のボーダーライン争いも見どころのひとつ。現時点で18位が太田和美さん(大阪、A1級)、19位は中島孝平さん(福井、A1級)ですが、昨年は29位だった辻栄蔵さん(広島、A1級)が優勝(賞金3300万円)を飾られ、8位にジャンプアップしたように、どのレーサーにもチャンスは十分。

 中でも私が注目しているのは、今年3月に初めてお話をさせてもらった28位の松井繁さん(大阪、A1級)と、年に1回程度ですが、会えば「元気か」と声をかけていただく33位の赤岩善生さん(愛知、A1級)。お二方ともアサ芸を読んでくださっているみたいですし(笑)、グランプリ出場へ向けて熱い走りを見せてくれると思いますよ。

 さて私のほうは、年に一度の「定期訓練」を受講するため、先日、ボートレーサー養成所(福岡県柳川市大和)に行ってきました。レースの時と同じようにスマホを預けての3日間。講話の内容は「コンプライアンス」や「ストレッチ&体幹トレーニング」など多岐にわたりますが、おもしろかったのが「気象予報」の勉強。ボートレースは天候に左右されやすいので、役に立つなあと感じました。

 気象予報士試験の難易度はとても高く、合格率は5%前後みたいですが、ちょっと勉強してみようかな、と思いました(笑)。

【富樫麗加選手・今後の出場予定】

11/29~12/4「デイリースポーツ杯争奪2022 サザンカップ」(住之江)

12/10~12/15「マンスリーBOATRACE杯 男女ハーフ優勝戦」(三国)

12/19~12/22「中日スポーツ賞 第43回龍神杯」(蒲郡)

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。21年3月、ボートレーサーの今泉友吾選手と結婚。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論