芸能

石田ゆり子「美ボディ維持の地道な努力」がわかった「ユルユル着衣」奥の部位

 石田ゆり子が2月21日、自身のインスタグラムを更新。自宅で愛猫を抱えた写真を投稿しているのだが、チラッと見えたカラダの「ある部分」が注目を浴びている。

「石田は前日、インスタで体調を崩したことを報告しており、フォロワーが心配していました。この日はそれを受ける形で『私は元気です!』と体調が回復したと明かしています」(エンタメ誌ライター)

 写真の石田はTシャツに黒パンのラフな姿で、ほぼスッピン。53歳とは思えない相変わらずの肌ツヤの良さなのだが、エンタメ誌ライターも思わず見入ってしまったモノがあった。

「着ていた白いTシャツがユルユルだったことに加え、愛猫を肩あたりまで持ち上げたことで、奥が見えてしまっている『二の腕』です。色白な上に全くたるむことなく、とても五十路超えのそれとは思えません。この年齢になると、多くの女性は二の腕の肉付きが気になるものですが、彼女の場合はまるでその気配を感じませんね」

 二の腕の筋肉は普段の生活で使うことが少ないことから、余計にたるみやすいと言われるが、石田の場合はボディケアが隅々にまで行き届いているということだろう。女性誌記者によれば、

「15年以上続けているというティラピスには、今も週2回通っているとのことで、美ボディはその地道な努力の賜物でしょう。筋肉を鍛えるストレッチが基本のティラピスを、石田はインスタや出演番組でもしきりに推奨しています。引き締まった二の腕が、身をもってその効果を見せてくれている。改めて刺激を受けた人は多いと思いますよ」

 若々しい魅力は、いっこうに衰えを見せないのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】