社会

【戦慄の報告書】触れたら10分で確実に死ぬ!夏の海を恐怖に陥れる「地球上で最強の超猛毒クラゲ」

 鹿児島県奄美大島や沖縄県などで今年4月、強い毒性を持つ「カツオノカンムリ」というクラゲの漂着が確認され、各自治体で注意喚起を行ってきた(写真)。ところが現在もその数が増え続けていることから、夏休みの海水浴シーズンを前に、不安の声が広がっている。

 海洋生物の研究者によれば、カツオノカンムリは外洋性で、主に黒潮海域に生息。カツオの群れと一緒に見つかることが多いことから、こう命名されたというのだが、

「体全体が透き通った青色の楕円形で、三角形の透明な帆で風を受けて、海面付近を漂っている。刺されると、激しい腫れや痛みを引き起こします。普段は黒潮海域にいるため、めったに浅瀬に来ることはないのですが、潮の流れや風向きによって集団で沿岸に流れてくる場合もある。毒性が強いため、海水浴場では注意喚起し、場合によっては遊泳禁止になるケースもあります」

 だが世界には、カツオノカンムリの毒など足元にも及ばぬほど強力な毒性を持つクラゲが、数多く存在する。史上最強と言われるのは、インド洋南部からオーストラリア西方近海に生息するオーストラリアウンバチクラゲ、通称「キロネックス」だという。前出の海洋生物研究者が解説する。

「キロネックスが持つ毒性は地球上で最強とされ、触れた小魚や甲殻類を一瞬で殺し、捕食することで知られます。当然、人間がこのクラゲに刺されると壮絶な激痛に見舞われ、10分以内に呼吸困難、心停止などで、間違いなく死に至ります。しかも昼行性で傘が半透明のため水中では確認しづらく、気が付くと刺されていた、というケースが少なくない。まさに知らない間に忍び寄る、サイエンスキラー。それがこのクラゲの恐ろしさなんです」

 オーストラリア各地の海岸では、この「殺人クラゲ」対策として、周辺に防護ネットや金網を張って侵入を防いでいる。それでも毎年夏になると刺傷による死亡事故が絶たず、自治体を挙げてその対応に苦慮しているのが実情だ。

 いよいよ夏休みシーズン到来。バカンスを利用してオーストラリア旅行に出かける日本人は少なくないだろうが、ビーチで遊ぶ際は、殺人クラゲに細心の注意を払わねばならない。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え