社会

「車を売るな〜らビッグモーター♪」が消えた!CM有力スポンサー撤退でラジオ局が存亡危機!?

 ビッグモーターの保険金水増し請求問題が波紋を広げる一方だ。中でもスポンサーとして依存度が高かったラジオ業界は戦々恐々としているという。

 車を売るな〜らビッグモーター♪ ドライバーなら何度となくこのフレーズを耳にしていることだろう。

 中古車販売大手の同社は、車の販売だけでなく、修理や車検、自動車保険まで扱っており、今や全国に300を超える店舗を誇る。

 しかし、不祥事が発覚。ユーザーから預かった修理車両の車体にゴルフボールやドライバーなどで故意に傷を付け、自動車保険の保険金を不正に水増し請求していたのだ。これに伴い同社はテレビ、ラジオでのCM中止を通知し、各局が対応に追われるなど影響が出ている。17年からCMキャラクターを務めている佐藤隆太の所属事務所も、公式サイトでCM出演契約の解除を発表。当然ながら、冒頭のフレーズもラジオから聴こえてこなくなった。

 インターネット隆盛のあおりで、近年のラジオ番組はスポンサー探しに苦労してきた。そんな中で自動車関連企業の存在は大きい。

「古くから大手自動車メーカーや中古車販売会社は、ラジオCMを積極的に出稿してくれる大口スポンサーでした。以前からドライバーの多くは、車の中で番組を聞く“お得意様”でした。だからこそ車関連企はラジオとCM契約を結び、電波で自社をアピールしてきたのです」(元ラジオ在京キー局社員)

 特に全国展開している中古車販売の企業によるスポンサードは、放送局にとってありがたい存在だった。

「かつて大手損保会社に営業をかけたことがあるのですが、ラジオはCMを打っても効果が薄いと言って、まったく相手にされない時代がありました。はっきり言って、テレビにしか関心が向いていなかった。そんな中、地域に密着した販売店を持つ中古車企業はCMをガンガン打ってくれた。だから今回、不祥事が明るみに出たビッグモーターが手を引いてしまえば、テレビ局よりラジオ局に大打撃を与えるのは間違いない」(前出・元ラジオ在京キー局社員)

 現在、ビッグモーターのCMが流れていた枠は、ACジャパンなど日本民間放送連盟のCMに差し替えられている。となれば無料でCMが流れる形となり、ラジオ局の懐事情が危惧される。番組によっては潰れてしまうのではとの憶測まで飛び交っているのだ。

「あくまで契約形態によりますが、CM料金はもともと枠を持っていた企業が継続して支払うというシステムがあるので、今すぐ困るということはないでしょう。ただし、過去にも番組スポンサーだった大手自動車メーカーのリコール問題で、番組が即刻打ち切りになったことがある。もし今後、ビッグモーターが完全にスポンサーを降りることになれば、複数のスポンサーを抱えていない地方局などはかなり厳しいことになるでしょう」(ラジオ番組ディレクター)

 車業界に依存するラジオ局にとって、ビッグモーターの不祥事が氷山の一角ではないことを願うばかりだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」