スポーツ

「オーナーと編成本部長が辞めたらオレも移籍する」超異例条件の理由/大谷翔平「ドジャース移籍」本当の舞台裏(後編)

 10年で総額7億ドル(約1015億円)という、メジャーリーグ史上最高額となる超破格契約で、ロサンゼルス・ドシャース入りした大谷翔平。その大谷が巨額契約金の97%をあえて年次後払いとしたのは、ドジャースが選手補強に回すための資金繰りに柔軟性を持たせることで、今年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)をともに戦った侍戦士、山本由伸投手をドジャースに迎え入れるためだった――。

 前編では超破格契約のこんな舞台裏に迫った。ポスティング制度でオリックス・バファローズからのメジャー移籍を狙う山本については目下、ニューヨーク・ヤンキースをはじめとする複数の球団が獲得に乗り出しているが、「メジャーの至宝」と言われる大谷から名指しされた山本がドジャース入りする可能性は、極めて高いとみられている。

 だが今回の超破格契約では、山本のドジャース入り以外にもうひとつ、異例の条件が提示されていた。メジャーリーガーの契約事情に詳しいスポーツジャーナリストが明かす。

「大谷がドジャース側にネジ込んだもうひとつの条件は、オプトアウト権。これは途中で契約を破棄することができる権利で、大谷はドジャースオーナーのマーク・ウォルター氏、編成本部長のアンドリュー・フリードマン氏のいずれかが退団した場合、オプトアウト権を行使してドジャースを去ると迫ったのです。大谷の契約が終了するのは10年後の2033年、まさに異例中の異例にあたる驚愕条件でした」

 その理由もまた、いかにも大谷らしい。スポーツジャーナリストが続ける。

「WBC優勝の際にも明言していたように、大谷の悲願はワールドシリーズでの優勝。その悲願成就のためには、ドジャースを常勝軍団に導いたウォルター&フリードマン体制の堅持、さらには山本の獲得による投手力の補強が不可欠だと大谷は考えたのです。しかも、その背中には『自らもまた、期待される結果を残さなければならない』という覚悟と自信がみなぎっている。まさに大谷でなければできない芸当と言っていいでしょう」

 大谷の二刀流復帰は2025年シーズンからと言われるが、その時、大谷は山本とともにどのような歓喜を爆発させるのか。

 師走の寒風が吹きすさぶ中、来シーズンの開幕が待ち遠しい。

(石森巌)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
「ソフトバンクを猛追」を妨害するロッテの爆弾「投打のブチ壊し男2人」困った舞台裏
4
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
5
山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!