スポーツ

サッカー日本代表復帰の長友佑都に求められる「北朝鮮戦で想定外のことが起きる」対策

 2026年の北中米W杯アジア2次予選。北朝鮮との2連戦(3月21日・国立、26日・平壌)に挑む日本代表メンバーが発表された。

 海外組はシーズン終盤を迎えたこともあり、ケガ人が続出。故障を抱えている三笘薫、冨安健洋、中山雄太、旗手怜央がメンバーから外れ、プライベートなスキャンダルを抱える伊東純也も選外。代わりに田中碧、相馬勇紀、橋岡大樹、川村拓夢らが代表復帰した。

 細谷真大はパリ五輪出場を目指すU-23日本代表に専念させるため、代わりにオランダリーグで好調な小川航基が復帰。GKも野澤大志ブランドンはU-23代表に選ばれ、代わりに大迫敬介が復帰した。

 初招集の選手がいないし、ベースはアジア杯からの継続で大きく変わることはない。対戦相手の北朝鮮は、負けてはいけない相手。2次予選でのつまずきは許されない。

 そんな中、世論をざわつかせたのが、37歳の長友佑都が約1年4カ月ぶりに代表に復帰したことだ。では、今回の長友の役割は何か。森保一監督は、

「チーム内外で存在感を発揮してもらえば」

 と言っていた。

 カタールW杯を目指していた森保ジャパン時代、長友はムードメーカーとして存在感を示していた。圧巻だったのは、アジア最終予選。9月の初戦、ホームでのオマーン戦に0-1で敗れ、アウェーの中国になんとか1-0で勝った。そして10月の3節目、アウェーのサウジアラビアに0-1で敗れ、1勝2敗と最悪のスタート切った。そんな沈みかかったチームを盛り上げたのが、長友だった。

「最終予選はこれからが本当の勝負だ」

「下を向くな。やってやろうじゃねえか」

 毎日、チームを鼓舞し続けた。悩んでいたり大人しい選手を見つければ、

「元気出していこうぜ。もうやるしかねえ」

 そう言って無理やりでもチームを盛り上げ、選手を笑顔に変えていった。

 そして中3日で迎えたオーストラリアを2-1で退け、そこからの快進撃でW杯出場を決めた。今回もムードメーカーとして期待されている。特に平壌でのアウェーは森保監督が、

「おそらく、想定外のことがたくさんあると思う」

 と言うように、考えられないことが起こる可能性は十分にある。

 今の代表選手は真面目でおとなしい選手が多い。アジア杯でも、負の連鎖から立ち直れなかった。だから長友のように何が起きても動じず、チームを立て直せる選手が必要だったのだろう。

 今季の長友は、ひと味違う。開幕から4試合連続スタメン出場を果たし、第4節の福岡戦では1ゴール1アシストの活躍。昨季に比べても数段、コンディションがいい。オフからキャンプにかけて、相当の努力をしてきた証拠だ。

 この2連戦のどこかで、ピッチに立つ可能性は十分にある。特に異様な雰囲気の中で行われるアウェーの試合では、国際Aマッチ142試合出場という長友の経験が、絶対に生きる。

 過去、平壌で行われた試合は2分け2敗と、まだ勝利がない。37歳のベテランが初勝利の立役者になるか。期待したい。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」