スポーツ

「西武ライオンズはプロじゃない」とコキ下ろす里崎智也に「アンタが監督やってくれ」劇薬待望論

 12球団ワーストの143得点で、最下位に沈みっぱなし。首位ソフトバンクとの120という得点力の差はア然とするほどだ。

 そんな西武ライオンズに、来季からの監督候補としてOB松坂大輔氏などの名前が挙がっているが、そこへ意外な人物が斬り込んできた。

 西武は5月28日のセ・パ交流戦から渡辺久信GMが監督代行となったが、ここまでチーム打率2割2厘、OPS.550、年間324得点ペースと、これまでプロ野球ファンが見たことのない、前代未聞の数字を叩き出し、いまだ浮上の気配は漂ってこない。

 当然ながら、これを厳しく糾弾する野球評論家がいるのだが、元ロッテの里崎智也氏はそのひとり。6月14日からのDeNAとの3連戦に3連敗したことを自身のYouTubeチャンネルで振り返ると、選手たちにこう呼びかけた。

「西武ライオンズの皆さん、ちゃんと野球しよっ。そこから? プロじゃないよ、ホントにこれは。2軍でやってくるとかいう問題でもない。ちゃんとやってないから、こんなチームになってしまう」

 セ・パ交流戦で借金をさらに増やしたことにも、

「監督代わった意味ないじゃん」

 と吐き捨てている。

 かなり辛辣な言葉だが、多くのファンは「正論だ」と納得した様子。「いっそ里崎氏に監督を任せた方がいい」という声が相次いだ。スポーツ紙デスクが語る。

「すでに西武ファンには、渡辺監督代行では何も変わらない、という諦めムードが蔓延しています。本来であれば次期監督候補には西武OBの名前が挙がるわけですが、起爆剤として里崎氏への期待があるようです。里崎氏は『フライ上がったらランナーは考えなしに走らずに、打球の行方を確認しよう』『外野にボール飛んだら、中継できる位置に入ろう』といった基本中の基本を指摘していますが、それすら選手に指導できないのが現在の西武。現実味はわかりませんが、里崎氏が監督になるくらいの大改革が必要なのは間違いありません」

 2021年、日本ハムの栗山英樹監督の退任が明らかになり、後任として新庄剛志監督が内定した際には、球界に衝撃が走った。西武にも、ファンがアッと驚くような劇薬が必要なのではないか。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】