芸能

小嶋陽菜 自慢のバストをAKBメンバーに30秒間触られ続けて…

20151203m

 AKB48が誇る美バストクイーンといえば“こじはる”こと小嶋陽菜(27)。3月にはヒップ強調の写真集も大ヒットしたが、やはり真価は「揉み心地バツグン」なプリン胸にあり!

「1時間ずっと触っていたい‥‥」

 全ての男たちの悲願を口にしたのは、AKB48のメンバー・中田ちさと(25)だ。11月9日にオンエアされた「有吉AKB共和国」(TBS系)で、アイドルらしからぬ現場がオンエアされたのだ。

 もともと、こじはるの美バストはメンバー内での人気も高く、これまでもたびたび「揉まれまくり」の被害にあっている。

 アイドル評論家の織田祐二氏が明かす。

「14年1月26日の公演では、ステージ上で大島優子(27)が『こじはるがマシュマロボディだと雑誌に書いてありますが』と言いだしたんです。その日はヤンキースの田中将大も客席に招待されていましたが、大島は『私が代表して触らせていただきます!』と宣言し、マー君もファンも大喜びでした」

 そして大島はこじはるの谷間をのぞき込み、ツンツンと突っつく。

「プリンじゃ! プリンじゃ! プリンを生でつかんだみたい」

 当時、こじはるのプリン乳の触感を約3000人の観客が疑似体験したわけだが、今回は、深夜帯とはいえ数百万人が目にするテレビでのこと。しかも大島のように一瞬ではなく、かなり長い時間が「揉みタイム」に使われたという。

 では、VTRをチェックしてみよう。中田はメンバーのおっぱいを触ることが趣味で、とりわけ、同期の倉持明日香(26)には8年も触らせてもらい続けたとのこと。

「8月に倉持が卒業してしまって、すばらしいおっぱいに出会えなくて‥‥」

 こう言う中田の視線は司会のこじはるに向かい、ずっと憧れだったと明かす。

「じゃあ全然、触ってください」

 こじはるが明るく返すと、中田はすぐに背後に回る。こじはるがモデルを務める「ピーチ・ジョン」のポスターを部屋に貼っているだけあって、感激もひとしおの表情。

 後ろから両方の手でモミモミ、モミモミ、モミモミ‥‥と“触診”が続く。

「キャッ! 揉みすぎじゃない?」

 こじはるが驚くのも無理はなく、オンエア上でも30秒以上の長回しなのだ。

「中田の、手を広げて指それぞれに絶妙な力加減を加えた揉み方に驚きました。あれはふだんから揉み慣れていますね。中指のあたりが、ちょうど乳首にフィットしていました。感じるポイントを知り尽くしていて、こじはるがなまめかしい嬌声を漏らしたのも納得できます」(前出・織田氏)

 プリン乳を存分に味わった中田は、こじはるに向かって言った。

「大きさもよい感じ。柔らかさも弾力もあって倉持みたい。1時間ずっと触っていたい」

 みごとに“合格”を与えたようだ。これが「福パイ効果」となったのか、オンエア直後のGIレース・エリザベス女王杯(11月15日)で、こじはるは三連単を的中させている。

 まだまだAKB卒業など考えず、ゆるエロな名場面を量産してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること