芸能

他にいないのか!「とと姉ちゃん」好発進も“あの男”の2作連続起用に批判殺到

20160406asadora

 4月4日からスタートした高畑充希主演のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」第1回の視聴率が、22.6%だったことがわかった。

「この数字は、期間平均で今世紀最高視聴率を出した『あさが来た』の、初回21.2%を上回る記録です。とはいえ序盤は幼少時代を描くため、登場するのは子役がメインとなります。そのため、今後主人公が高畑に変わってからもこの高視聴率が維持できるかに注目が集まっています」(テレビ誌記者)

「とと姉ちゃん」は戦後の日本で、女性が雑誌を創刊する姿を描くドラマだが、序盤はまだ幼い主人公やその家族、そして彼女たちを取り巻く人々が登場する。

 しかしその中で、大迫博文を演じるラサール石井の起用に、視聴者から厳しい意見が出ているという。

「ラサールが連続して朝ドラに出演していることに関して、不満を抱く視聴者がいるようです。彼は前作の『あさが来た』で、主人公を逆恨みして刃物で刺すという視聴者に嫌われる役で出演。そして今回もまた、主人公に迷惑をかけそうな父親の取引先の専務役で登場したため、『またか!』『ラサール石井使いすぎ!』『他に役者はいないのか』と、前と同じ顔ぶれということで、視聴者から辛らつな意見が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 一部では「憎まれ役を連続で引き受けていてスゴい」との声も上がっているラサール石井。これほど視聴者から嫌われるのは、それだけ彼の演技に説得力があるからなのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声