芸能

他にいないのか!「とと姉ちゃん」好発進も“あの男”の2作連続起用に批判殺到

20160406asadora

 4月4日からスタートした高畑充希主演のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」第1回の視聴率が、22.6%だったことがわかった。

「この数字は、期間平均で今世紀最高視聴率を出した『あさが来た』の、初回21.2%を上回る記録です。とはいえ序盤は幼少時代を描くため、登場するのは子役がメインとなります。そのため、今後主人公が高畑に変わってからもこの高視聴率が維持できるかに注目が集まっています」(テレビ誌記者)

「とと姉ちゃん」は戦後の日本で、女性が雑誌を創刊する姿を描くドラマだが、序盤はまだ幼い主人公やその家族、そして彼女たちを取り巻く人々が登場する。

 しかしその中で、大迫博文を演じるラサール石井の起用に、視聴者から厳しい意見が出ているという。

「ラサールが連続して朝ドラに出演していることに関して、不満を抱く視聴者がいるようです。彼は前作の『あさが来た』で、主人公を逆恨みして刃物で刺すという視聴者に嫌われる役で出演。そして今回もまた、主人公に迷惑をかけそうな父親の取引先の専務役で登場したため、『またか!』『ラサール石井使いすぎ!』『他に役者はいないのか』と、前と同じ顔ぶれということで、視聴者から辛らつな意見が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 一部では「憎まれ役を連続で引き受けていてスゴい」との声も上がっているラサール石井。これほど視聴者から嫌われるのは、それだけ彼の演技に説得力があるからなのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”
5
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)