芸能

「ラヴソング」の“ありえないがん検査”や“医師の法律違反”シーンにあ然!

20160601lovesongb

 視聴率のためには登場人物に大病を患わせ、しかも医療現場の描写はいい加減。そんなドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)に非難の声があがっている。5月30日放送の第8話では、ヒロイン・さくらの声帯に悪性の腫瘍が発見され、手術を迫られるシーンが放送された。そのエピソードについて医療系のライターが憤慨した様子で語る。

「MRI検査を受けるシーンでは全身麻酔を施していますが、乳幼児でもない限り麻酔を使うことはありません。また、がんの確定診断は病変の一部を採取する『生検』で行い、MRIではがんの広がり具合などを精密に調べるもの。それなのに主治医は『最悪の場合は声帯を摘出しなければならないが、手術で切開してみないとわからない』と説明しており、何のためにMRI検査したのか意味不明です」

 さらに呆れるのは、当の主治医がさくらの精密検査結果を福山雅治が演じる臨床心理士にペラペラとしゃべっているシーンだ。さくらの同意がない状況で、家族ではない福山に病状を明かすのは明らかな守秘義務違反となり、刑法第134条(秘密漏示)に該当する犯罪ですらある。つまり「ラヴソング」では、医師が犯罪行為を行う現場を堂々と放送しているわけだ。

 そんな描写の一方で、テレビ誌のライターは次回以降の展開があり得ないほどのご都合主義になる恐れを指摘する。

「次回予告では『声が残る可能性は10%もないかもしれない』という主治医の声を紹介。この流れでいくと、さくらの患部摘出手術が成功して健康も声も失われない可能性は100%かもしれませんよ」

 回を重ねるにつれ、歌の上手さと笑顔の可愛らしさが評価を高めているヒロイン役の藤原。そんな彼女の魅力をスポイルするあざとい演出が、誰のためにもならないことを制作陣は自覚すべきではないだろうか。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手