芸能

「ラヴソング」の“ありえないがん検査”や“医師の法律違反”シーンにあ然!

20160601lovesongb

 視聴率のためには登場人物に大病を患わせ、しかも医療現場の描写はいい加減。そんなドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)に非難の声があがっている。5月30日放送の第8話では、ヒロイン・さくらの声帯に悪性の腫瘍が発見され、手術を迫られるシーンが放送された。そのエピソードについて医療系のライターが憤慨した様子で語る。

「MRI検査を受けるシーンでは全身麻酔を施していますが、乳幼児でもない限り麻酔を使うことはありません。また、がんの確定診断は病変の一部を採取する『生検』で行い、MRIではがんの広がり具合などを精密に調べるもの。それなのに主治医は『最悪の場合は声帯を摘出しなければならないが、手術で切開してみないとわからない』と説明しており、何のためにMRI検査したのか意味不明です」

 さらに呆れるのは、当の主治医がさくらの精密検査結果を福山雅治が演じる臨床心理士にペラペラとしゃべっているシーンだ。さくらの同意がない状況で、家族ではない福山に病状を明かすのは明らかな守秘義務違反となり、刑法第134条(秘密漏示)に該当する犯罪ですらある。つまり「ラヴソング」では、医師が犯罪行為を行う現場を堂々と放送しているわけだ。

 そんな描写の一方で、テレビ誌のライターは次回以降の展開があり得ないほどのご都合主義になる恐れを指摘する。

「次回予告では『声が残る可能性は10%もないかもしれない』という主治医の声を紹介。この流れでいくと、さくらの患部摘出手術が成功して健康も声も失われない可能性は100%かもしれませんよ」

 回を重ねるにつれ、歌の上手さと笑顔の可愛らしさが評価を高めているヒロイン役の藤原。そんな彼女の魅力をスポイルするあざとい演出が、誰のためにもならないことを制作陣は自覚すべきではないだろうか。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功も呆れ顔…土田晃之が「元野球部」告白でまたも上がった大ブーイング
2
A-Studio新MCにキスマイ藤ヶ谷が発表されるも批判が相次いだワケ
3
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕