社会

大阪・飛田新地「遊女の真実」(後)(1)女の子に手を出して店が崩壊

 160軒近い店が並び、1日に1500人近い男たちが訪れる大阪・飛田新地。その内幕を告白した「飛田で生きる」の著者・杉坂圭介氏は、01年から10年間、飛田料亭の経営に携わった。高校時代の先輩に「月に400万〜600万円儲かる」と誘われて始めたものの、そんな甘い世界ではなかった─。

 08年9月のリーマン・ショック以前は、それなりに稼げた時期もあり、女の子に恵まれると、実際に500万円近い利益を出せた月もあった。だが、それは一時的なもので、リーマン以降は客単価が下がりっ放し。最低目標とした300万円どころか、100万円にもならない月もあった。

「月1000万円売り上げても、女の子とオバちゃんの取り分を払ったら、手元に残るのは400万円。そこから家賃50 万円、求人広告費30万円、光熱費、ガソリン代とかを払ったら、利益は300万円。さらに他の風俗から女の子を引き抜くための資金もかかるのだから、仕事のリスクを考えたら、割りが合わない」

 仕事自体がリスキーだが、それ以外にも連絡もせず店を休む女の子や要領の悪いオバちゃんに胃を痛めたり、スカウトに行ってトラブルに巻き込まれる。接客態度を注意したら、逆恨みした女の子が他の子全員連れて店からいなくなったこともある。また、クスリをやっている子や未成年の子が年をごまかして面接に来たり、ネットに事実無根の悪口を書かれたりと、神経の休まる暇がない。加えて飛田特有の甘い罠も多い。

「飛田では、親方(マスター)でなく、女の子のほうから近づいてくることがよくある。仕事を終え、車で送って行くと『コーヒーが飲みたい』とか言って、ホテルに誘ってくる。ここがふんばりどころなんです。だけど、ふんばれない。その子が、ただ“したい”だけならいい。でも、絶対それだけで終わらない。親方に手をつけられた女の子は必ず他の女の子にこう言います。『ここだけの話、マスターとしちゃった』と」

 飛田の女の子の中には、他の子に差をつけたがって親方に近づいてくる子がいる。だから3日もすると、“私はマスターの女よ”という顔をし、店を仕切りだす。そうなると、他の女の子たちは「バカらしい!」となって、次々に辞めていき、店が成り立たなくなる。自業自得なのだが、飛田ではよくある話なのだ。

「『アタシがいるからええやん』と言うけど、その子が残っていると、ようやく入った新人もすぐに辞めてしまう。かといって、その子を無理やり辞めさすと変な噂を流されたりするから、邪険にできない。どうにもならなくて、あっという間に貯金もなくなる。悲しいのは、そんな痛い目にあっているのに、また同じことを繰り返す。『彼女なら大丈夫やろう』と思って、何回も裏切られるんです」

 杉坂氏だけでなく、飛田の親方たちの中には「今、目先の欲望で、こいつに手を出したら、店がガタガタになるな」とわかっていても、手をつけてしまう人が少なくないのだ。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 50993
    PR
    キレイによくばりな女性たちが実践する「すっぽん酵素」ダイエットってなに?

    「おしゃれは好きだけど美味しいものも食べたい」「痩せたいけど食事制限はイヤ」‥‥女性たちのダイエットに対する悩みと要求は“一筋縄”ではい

  2. 49467
    PR
    かつら、育毛剤、サロン、植毛…種々ある薄毛治療の中でコスパが良いのはどれ!?

    寒風吹きすさぶこの季節。その寒さを、昨年以上に頭皮で実感するようなことはないだろうか。それが昨年よりも寒い気温のせいでなく、昨年よりも薄

  3. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

注目キーワード

人気記事

1
きっかけはあの男!清原の薬物捜査は「文春報道」以前から始まっていた
2
清原和博の“風邪薬”で確信!?ダウンタウン浜田がXデーを予測していた!
3
「もう別れようかな」川谷絵音、卒論どころかベッキーからの自主退学届提出?
4
事務所もコントロールできなくなっていたベッキーの天狗ぶり
5
アンジャッシュ・渡部建「佐々木希との熱愛全否定」の寂しい理由