芸能

11歳で“劣化”って…芦田愛菜は演技力で「7歳ピーク説」を吹き飛ばせるか?

20151018ashida

 人気子役の芦田愛菜が10月13日、映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」(12月4日公開)の公開アフレコを行った。記者会見では「一目ぼれをしたことは?」と尋ねられ、「まだないです」と答えるなど小5らしい可愛らしさを全開。マスコミも大挙詰めかけるなど、その人気は衰えていないようだ。

 だが、このニュースを見聞きした一部のネット民からは、「愛菜たん、もはや劣化したか」という指摘が噴出。ほかにも「もうリボンは似合わないだろ」や、「成長したら可愛くないことがバレバレ」など品のない批判が続出したのである。そんな風潮をアイドル誌の編集者が解説する。

「それはアイドルの世界では昔から繰り返されてきた戯言ですよ。“劣化”という言葉を使いたいだけの連中が面白がっているんです。彼らの言葉に従えば、ハロー!プロジェクトなんて劣化メンしかいないことになります(笑)」

 モーニング娘。’15や℃-uteを擁するハロー!プロジェクトでは、2002年から小学生対象のオーディションを開催。多くのアイドルが巣立っていった。バラエティ番組で人気の“ももち”こと嗣永桃子(23)も10歳でオーディションに合格し、当初はハロプロキッズとして活動していたのである。前出のライターが続ける。

「嗣永らはBerryz工房を結成し、今年3月の活動休止まで一線級のアイドルとして活躍していましたが、小学生当時を知る古参ファンには『Berryzは劣化した、活動初期が良かった』と言う人もいるほど。そういうタイプの人は、自分が好きになったころの容姿がベストだと信じており、彼女たちの成長を素直に応援できないのです」

 ちなみに彼らのほとんどは決してガチな幼女好きではないのだとか。それゆえ芦田愛菜への批判も、ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)でブレイクした7歳当時の芦田こそがベストだと考えているからかもしれない。一方で、古参の芸能ライターは芦田に関してこんな見方を提示する。

「愛菜ちゃんは大人がイメージする可愛らしい小学生の表情や所作を備えていた存在で、いわゆる美少女とは異なる個性の持ち主なんです。今後、ティーンモデルなどと競合するようになったとき、彼女のセールスポイントは存在感や演技力になっていくはず。もちろん可愛いのは間違いないし、成長につれて名子役から実力派若手女優へと脱皮していくことでしょう」

 最近は仕事をセーブしつつ、女優としての成長に重きを置いていると言われる芦田。5年後や10年後には、「芦田愛菜って昔、子役だったらしいよ」と言われる日が来るかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
香取慎吾もドン引き!高畑裕太が逮捕前に見せていた異常行動とは?
2
「今夜くらべてみました」出演日に…高畑淳子の息子・裕太逮捕で日テレに致命傷
3
妊娠した夏目三久のオメデタ記事の横に“因縁の商品”の広告が!
4
「キムタクに負けた男」香取慎吾のW杯予選応援団長辞退にサポーターが大喜び
5
キムタクをニラみつけること数回!?香取慎吾のメンチ切りに視聴者もビビった!