芸能

九九を知らないTravis Japan松田元太が「真正おバカ」で一点突破する「珍しい人気」

 Travis Japan松田元太の躍進がめざましい。

 4月1日からは「ぽかぽか」(フジテレビ系)の新レギュラーに抜擢。その日のゲスト、堺正章への質問として「何か得意な教科とかってありますか」と問いかけた。

 堺は3月末、19年半も出演した「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)が終了したばかり。傷に塩を塗るような質問に対し、堺は次のように説教した。

「なんで俺がここで教科を言わないといけないんだよ。もうちょっと芸能界に関係ある話を聞け」

 松田は「呼び出し先生タナカ」「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(いずれもフジテレビ系)といったバラエティー番組に進出。「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)にも不定期出演するなど、徐々に世間に浸透しつつある。

 そんな彼がブレイクしたキッカケは「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系、現「ツマミになる話」)での九九の暗唱だった。

 昨年6月、6の段を「6×3=24」「6×4=25」「6×5=25」「6×7=72」などと見事なまでに間違い続ける。同じく昨年10月に出た際も九九が言えず、スタジオを騒然とさせた。放送作家が分析する。

「最近はバラエティー番組でのブレイクのキッカケが、つかみづらくなっています。それは相対的に、ドラマに比べてバラエティーのプライオリティーが下がっている証拠。その中にあって注目されたのはやはり、九九のおかげでしょう。バラエティー界で何周もされてきた『おバカキャラ』での人気獲得は、稀有なものと言えますね」

 旧ジャニーズ事務所におけるバラエティー班といえば、元A.B.C-Zの河合郁人や、なにわ男子の大西流星などが思い浮かぶ。だが「真正のおバカ」で一点突破したケースは珍しい。ただし限界もあると、前出の放送作家は言うのだ。

「飽きられるのも早いということです。『呼び出し先生タナカ』は、かつて島田紳助が司会を務めていた『クイズ!ヘキサゴンⅡ』のように、おバカタレントを主に集めて放送されていますが、大きな波になりえていません。それはやはり人々の許容範囲が狭まり、おバカへの目が厳しいものになっているからです」

 となれば逆に、松田が今後どんな展開を見せるのか、楽しみだ。

(よしだ大)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日