スポーツ

「浅田真央は彼氏を作ってスルべき」ラサール石井の主張が「袋叩き⇒謝罪」に/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」

 遡ること13年、2011年4月30日にロシア・モスクワで行われた、フィギュアスケート世界選手権、最終日。日本勢初の連覇を狙う浅田真央は、前日の女子ショートプログラム(SP)で、最大の武器であるトリプルアクセルに失敗した。フリーでも挽回できず、世界選手権では自己最低の6位という不本意な成績で大会を終えることになった。

 連覇がかかっていただけに、本人の落胆ぶりは痛々しいほどだったが、そんなタイミングで翌5月1日、タレントのラサール石井がTwitterで〈ちょっと暴言吐きます〉と前置きした上で耳を疑う、いや、目を疑うような、とんでもない文章を綴ったのである。

〈浅田真央ちゃんは早く彼氏を作るべき。エッチしなきゃミキティやキムヨナには勝てないよ。棒っ切れが滑ってるみたい。女になって表現力を身に付けて欲しい。オリンピックまでにガッツリとことん!これは大事〉

 現在ほどではないにしろ、セクハラが社会で問題視され始めていた時期だ。そんな状況下のこの「大問題発言」が大炎上したことは言うまでもない。

 さすがにヤバイと思ったのか、ラサールは再びTwitterを更新。女性アスリートの場合、少女から成人へと成長する過程で、体や精神が変化しタイムが落ちてしまうことがある一方、表現力が高まることもあり、プラス・マイナスそれぞれに大きな変化が現れることがあるとして、次のように釈明。

〈その時点で個に集中してストイックに練習に打ち込み乗り切るか、日常は日常で切り離し普通の生活を送ることで乗り切るか、二つに分かれるとすれば、私は後者を支持したい。恋愛もsexも人間には欠くべからざる行為だ。そういった日常の発露としてアートやスポーツもあるものだと私は思っているからだ〉

 だが、この発言が火に油を注ぐことに。当然ながら〈女性アスリートに対して最低最悪の発言〉〈下品で幼稚!信じられない〉〈完全にセクハラ!訴訟レベルですね〉といったコメントが嵐のごとく吹き荒れた。

 結局、5月2日午後に、ラサールは謝罪に追い込まれる。

〈ご批判は当然と痛感しています。全女性の皆様、お名前を出してしまった各選手の方々、関係者各位、何より浅田選手ご本人とファンの皆様に心より謝罪いたします〉

 あえなく発言削除という、トホホな結末を迎えることになったのだ。

 そんな騒動から10年後の2021年3月。女性蔑視発言で東京五輪・パラリンピック実行委員会会長を辞任した森喜朗元首相に対し、ラサールがTwitter上で〈日本の恥晒し〉〈座敷牢に入れて…〉などと強烈に批判した。

「同調する声も一部にはありましたが、大半は『いやいや、あんたが言うか』『こりゃ学習能力ゼロだわ』といった大ブーイングでしたね」(スポーツ紙記者)

 物言えば唇寒し秋の風。なんとも情けないブーメラン騒動となったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意