芸能

芸能界「伝説のピンク事件」(4)今も切れていない奥菜恵と押尾学の“危険な接点”

20150505pink_d

 21世紀に入った直後の激震スクープといえば月刊誌「ブブカ」が報じた奥菜恵だろう。カラオケボックスで押尾学らしき男と仲むつまじく過ごし、なぜか上半身はハダカのまま財布に手をやっている。

 プリンという音が聞こえてきそうなほどの美しいバスとではあるが、アイドル絶頂期に、よりによって押尾との密室ショットによって流出しようとは‥‥。

「告訴も検討します」

 奥菜の事務所が発表したが、その後、やぶ蛇になるのを恐れてか、一向に抗議の動きはなかった。以来、奥菜は女優として下降線をたどり、私生活でも泥沼の離婚劇や引退騒動などイバラの道が続く。さらに──、

「昨年末、押尾は人知れず出所しています。実は、獄中の押尾とコンタクトを取っていた人物と、奥菜の08年の告白本を手がけた人物は同一。その縁で再会することがあれば、01年の“白肌ショット”に再び注目が集まりそうです」(女性誌編集者)

 二人の対談でも実現すれば、業界が騒然となるのは間違いなしだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」