芸能

薬物死!あの「押尾学事件」の被害者両親は賠償請求していなかった

 あの「押尾学事件」を覚えているだろうか。道端ジェシカ薬物逮捕のニュースで思い出すのが、同じくMDMAによる死を引き起こしたこの事件である。

 2009年8月2日、六本木ヒルズの高層マンションで、若い女性の遺体が発見された。当初は身元不詳であったが、この部屋にいたのが俳優の押尾だったことが判明。麻布署に身柄を移され、事情聴取が始まった。このマンションの所有者は有名なアンダーウェアメーカーの女性社長だったために、亡くなったのはその女性社長ではないのか、との噂が飛び交った。

 だが、死亡したのは、銀座の売れっ子ホステスだった源氏名「アゲハ」という女性。解剖の結果、合成薬物MDMAの使用により死亡に至ったとされたが、押尾は救急車も呼ばずに現場から立ち去ったことが明らかになり、世間の批判を浴びた。妻・矢田亜希子とは離婚し、所属事務所から解雇されたのである。

 岐阜県と富山県との県境の街で生まれ育った「アゲハ」は、石川県小松市で結婚生活を送っていたが、離婚して東京でホステスに転身した。ベイブリッジが真正面に見える高層マンションで暮らし、東京生活を謳歌していたのだ。心優しく、よく気が付く性格で、客の評判も上々だったが、押尾たちと付き合うようになってから覚えた薬物遊びが、命を縮めることになってしまった。

「アゲハ」の遺体は岐阜県の自宅に帰っていった。ポツンポツンと家があるだけの、過疎地である。

「両親の悲しみは、見ていて辛かったです。田舎ですので、ホステスをしていたことや、亡くなり方が異常だったことがあって、家族にも非難の声が上がったのは可哀そうでした。押尾は苦しむ『アゲハ』を置いて去ったため、保護責任者遺棄致死が適用されると思っていましたが、裁判員裁判では保護責任者遺棄罪としかなりませんでした」(全国紙社会部記者)

 押尾は2年6カ月の実刑判決を受けて服役し、賠償金として「アゲハ」の実家に100万円を送ったが、一緒に送った謝罪文と共に、受け取りを拒否された。

 押尾の稼ぎからすれば、ひと桁以上少ないと思うのだが、受け取り拒否は「アゲハ」の両親の意地だったに違いない。

「両親は押尾に対して、損害賠償請求もしていないんです。『民事訴訟を起こすべきだ』という周囲の声もあったのですが、『これ以上、噂を立てられて、誹謗中傷されるのに耐えられない』として、そのままになっています」(前出・社会部記者)

 押尾はいまだ、一度も「アゲハ」の墓には参っていない。「アゲハ」の両親が裁判を起こさなかったのは、決して押尾のことを許した温情ではないことを、肝に銘じるべきだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し